熊谷和徳(情熱大陸3/18放送)の経歴!世界のタップダンサーを見る方法!

熊谷和徳(情熱大陸3/18放送)の経歴!世界のタップダンサーを見る方法!
熊谷和徳 情熱大陸 タップダンサー 経歴 見る方法 ライブ

こんにちは。

情熱大陸という番組を知っていますか?

 

ある世界のプロフェッショナルな方が

・どのようにして今の位置までこられたか
・現在の生活や拠点
・その方の考え方

など。

普段の生活では目や耳にできない情報が

ふんだんに盛り込まれた有名な番組なんです。

 

私もそのテーマ曲とともに

とても大好きな番組の一つです。

 

今回は、そんな情熱大陸3/18日放送された、

タップダンサー熊谷和徳さんについて、

ご紹介していきたいと思います。

 

番組で特集されるような世界的なダンサー。

その輝かしい経歴には、

彼自身の勇気や行動力、そして何よりも努力が垣間見えます。

 

もちろん、実際に熊谷さんのダンスを見る方法をご紹介していますので、

最後までごゆっくりお楽しみください。

スポンサーリンク

情熱大陸3/18放送で特集!熊谷和徳のプロフィール

熊谷和徳さんは1977年3月30日生まれ。

日本を代表するタップダンサーです。

 

出身は、宮城県仙台市。

 

彼は、映画「タップ」に衝撃をうけ

15歳からタップダンスを始めました。

 

19歳にして単身ニューヨークへ渡り、

その地で活躍していくことになります。

 

この時代に、15歳という若さで

タップの世界に飛び込むなんてすごいですよね!

 

彼の特徴は、超高速の足さばきと豊かで独創的な表現です。

 

ご自身のツイッターでは、

コンバースのスニーカーでタップステップを見せてくれる動画も。

いやぁ、かっこいいですね!

 

熊谷さんは2006年に、

アメリカのダンスマガジンで、

「観るべきダンサー25人」

のうちの一人に選ばれました。

 

現在はニューヨークと日本を中心に活躍中です。

 

世界で活躍される熊谷さん。

そこに行き着くまで、どんな経歴を残してきたのでしょうか?

熊谷和徳が世界に認められるまで!驚きの経歴まとめ

こねとみ
世界的に有名ってどんな経歴があるの???

彼は、実際は出演できなかったとはいえ、

ブルードウェイのショーのオーディションに合格していたそうです。

 

有名なグレゴリー・ハインズに出会ったことも、

彼の実力をニューヨークで生かせた

きっかけとなったのではないでしょうか。

 

勿論、血のにじむような努力の結晶でもあるのでしょうが、

熊谷さんにそれだけの実力と光る何かがあったんだと思います。

 

25歳で一度出演することだけでも難しい、

NYタップフェスに9年連続出演!

 

ニューヨークタイムス等に取り上げられたり、

VILLAGE VOICEで

「日本のグレゴリー・ハインズ」

と評されるという驚きの経歴を持っているのです。

 

こうした輝かしい実績も、

彼の勇気と努力と運命だったのかもしれませんね。

 

そんな熊谷さんのタップ。

日本で見ることはできるのでしょうか?

スポンサーリンク

世界のタップダンサー!熊谷和徳のタップを見る方法

こねとみ
そんなすごい人なら生で見てみたい!
日本でも見る方法はあるのかしら?

拠点がニューヨークと日本なので、

熊谷和徳さんのタップを生で観るのは中々難しいようです。

 

しかし、彼が東北出身であるので、

彼を中心とするダンサー達がダンスを通じて、

現在の東北の現状などを紹介するイベントなどを行っています。

 

3/18の情熱大陸の放送日前日と当日にも、

仙台で今年初の公演をされています。

 

日本でもワークショップを開催しておられるので、

実際に彼のタップを間近で観ることができますね。

まとめ

日本を代表する

宮城県仙台市出身の熊谷和徳さんをご紹介してきました。

 

日本人がダンスの本場で認められるという事は、

本当に一握りの人にしかなしえない素晴らしいことです。

 

勿論、それだけの実力が彼にあったのは間違いありません。

 

19歳で一人、

なんの保証もなくダンスの本場中の本場、ニューヨークへ行く!

 

というのは、本人は勿論、

ご家族も中々の覚悟がないとできないことだと思います。

 

熊谷さんの話を知った10代の息子を持つ友人は、

友人
果たして19歳の未成年を、
ニューヨークへと行かせる覚悟ができるかしら?

と考えこんでいました。

 

それだけ、熊谷和徳さんに強い覚悟があったことが伺えますよね。

 

機会があれば是非、一度間近で

彼の本物のタップダンスを見ていただきたいと思います。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

by こねとみ

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください