高校野球の観戦方法!甲子園の観戦料金やチケット購入方法

高校野球の観戦方法!甲子園の観戦料金やチケット購入方法

高校野球を見に行きたいと思っても、

料金や購入方法、観戦方法がわからなかたら不安ですよね。

 

「発売開始は何時から?」
「前売り券って売ってるの?」
「コンビニで買える?」

 

などなど、いろいろなことで

行く前から不安になっている方は多いと思います。

 

そこでここでは、観戦方法やチケット料金などを、

できるだけわかりやすく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

どうやってみるの?高校野球の観戦方法を紹介!

ここでは

「甲子園球場での1日」

というイメージで説明していきたいと思います。

 

~当日の朝~

まず当日、何時に甲子園球場へ着くようにいけばいいのでしょうか?

 

理想は

球場の開門の時刻より1時間前には

すでに甲子園球場にいて並んでる!

です。

 

高校野球のチケットはプロ野球などに比べて人気なので、

少しでも出遅れるとかなりの確率で

良い席は満席になっています。

 

結構有名な選手が出る試合などでは、

開門前から2時間以上並ぶのが当たり前です。

 

観戦者
朝早くから行って、満席で交通費だけがかかってしまった…

ということがないようにしましょう!

 

~無事にチケットも買うことができ、試合が始まるまでの間~

無事に席についていよいよ始まるなあ

と思っている、

この時間は有効に使いましょう!

 

まず、自分の荷物などが

隣の席の方などの邪魔にならないように席の下に入れましょう。

 

テレビとかを見ていてもわかると思うのですが、

甲子園球場は隣の席がすごく近いんです。

 

もし自分の荷物でいっぱいだったりしたら

すごく迷惑をかけます。

必ず席の下に入れれるような量だけにしてください。

 

荷物が多いなあと感じた場合は、

駅などのロッカーに預けましょう。

 

甲子園球場にはそのようなロッカーが

残念ながらありませんので気をつけて下さいね。

 

また、この時間にお手洗い等も済ましてください。

はっきり言ってトイレはかなり混みます。

常に混んでいます。

 

もし試合中に行きたくなってしまったら最悪なので

この時間に行っておくことをオススメします。

 

~実際に試合が始まった時~

この時は特に気をつけないとダメ

というようなことはありませんが

 

日傘とかは絶対に差さないでください。

わかると思いますがすごく迷惑です。

 

帽子やバスタオルならばオッケーですので、

それで我慢しましょう。

あと、試合は気持ちよく見ましょう!!

 

~試合終了~

さて、すべての試合が終わった後、

帰りますよね。

 

その前に、自分のゴミや周りのゴミを

少しでもいいので拾って捨てましょう!

 

これは、強制というかお願いってかんじです。

 

あと、試合が終わったら

皆さん一斉に退場しますのですごく混みます。

 

ここで怪我をしてしまうと、

すごく残念な甲子園の思い出となってしまうので

ゆっくり、急がずに行きましょう。

 

~帰りの電車~

大体の方は電車で帰るので、

帰りの電車はすごく混みます。

 

何本かスルーしないといけないのは当たり前ですが、

それよりもまず!

電車の切符を買うのにすごく並びます。

 

なので、もう

甲子園の駅に着いた時に

帰りの電車の切符を買っておきましょう。

 

これでだいぶ時間が短縮されるのでオススメです。

この時も怪我をしないようにゆっくり行きましょう。

 

どうでしたか?

これで大体の観戦方法は伝えることができました。

 

では次に、甲子園の席の料金について説明したいと思います。

スポンサーリンク

甲子園で観戦!席の種類別でみる料金一覧

実は甲子園の席の料金は結構場所によって変わり、

なんと無料で観戦できる場所もあるんです!

 

まずは、当日券の席種と説明をします。

中央特別自由席

大人子供ともに2000円

一番人気ですごく見やすいです。

日光も防ぐことができ快適に見ることができますよ!

その分料金は一番高いのが、ちょっと難点ですが。

それでも2000円ならお得ですよね。

 

︎1塁特別自由席・︎3塁特別自由席

大人1500円
子供600円

どちらも一応日光は防げます。

中央特別自由席が取れなかった場合、

こちらを取ると良いと思います。

︎1塁アルプス自由席・︎3塁アルプス自由席

大人子供ともに600円

この二つのどちらに座るかは

応援する方で決めた方が良いです。

どちらもお互いのチームの熱気がすごくて、

いろんな意味で熱いです!

︎外野席

無料

すごく暑いので注意が必要です。

しかも、無料なだけあって、

かなり混み合いますので

早めに球場に行くことをお勧めします。

夏の高校野球に関しては、2018年より500円の有料席になります。
春の高校選抜は今の所無料のようですが、今後どうなるか注目ですね!

 

※こどもは4歳以上・小学生以下のことです。

ささっとまとめるとこんな感じです

 

基本的に高校野球の甲子園は、

外野席なら無料で見れるんですよ!

その代わり、すごく暑いですし、混みまくっています。

 

上記にも記載しましたが、

夏の甲子園は2018年から有料化されることが決定しました。

それでも500円とかなりお安いので、

人気であることに代わりはありません。

 

混雑回避という点でも、

私はやはり中央特別自由席をオススメします。

 

この席は浜風が当たり、

うちわ等がいらないくらい涼しい場所もあるらしいので

もし、取れるのでしたらそこを取りましょう。

 

甲子園球場の暑さは結構すごいので、

油断はしないでくださいね!

高校野球観戦のチケット購入方法

高校野球観戦のチケットは大まかに

「当日券」と「前売り券」の二つになります。

 

当日券とはその名前の通り、

観戦当日に甲子園球場で買えるチケットとなっています。

 

当日券の発売時間は、球場開門と同時です。

 

阪神甲子園球場入場券発売窓口

というところで発売されており

1人当たり5枚まで購入可能です。

 

人気校や決勝などになってくると、

6時から並んでも座席によっては売り切れていた?!

 

ということもあるので、

人気校などを見に行く際はできるだけ早く行きましょう。

 

あまり人気ではない(少し失礼ですが)高校の場合は

7時~8時くらいの間に行けば大丈夫だと思います。

 

次に「前売り券」です。

その名前の通り試合が始まる前までに買う券なんですが

このチケットは毎回すごい勢いで売れます。

 

もともと発売枚数も少ないので、毎回あっという間です。

 

アルプスの団体席(学校関係者)などはこれで買っています。

 

指定席やボックス席など、

結構色々な席の前売り券は売っていますが

売り切れるスピードがすごく早いため、

発売開始後すぐに買ってください。

 

これで買えなかった場合は当日券で入るしかないです。

 

発売場所はローソンやセブンイレブンで買えるものもあれば

webのみの販売というのもあります。

ボックス席はwebでしか買うことができません。

 

逆に前売り券のほとんどはweb上で買うことができるので

ネットから買うのをオススメします。

 

また、前売り券を買ったからといって

始まる15分前とかに行ってしまうと良い席は無くなっています。

指定席ではありませんので。

 

なので、前売り券を買えたとしても、

球場開門の20分後くらいには着いておくのが良いと思います。

 

油断しすぎて遅く行ったせいで全然良い席がなかった

というのは毎年必ずあることなので注意してくださいね。

まとめ

どうでしたでしょうか。

 

高校野球観戦のチケットには

「当日券」と「前売り券」の2枚があります。

 

当日券を買うならば、

開門の1時間前には並んでおくのが鉄則です。

 

人気校が出る場合なんかは

5時から並んでも良い席が取れなかった

ということもあります。

 

電車も混みますし、すごく大変だなあと思っても

甲子園で高校野球を見ることは、

それ以上にハラハラドキドキして楽しいです。

 

この記事を見て、試合当日までに

少しでも不安がなくなることを願います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

by こねとみ

スポンサーリンク

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください