マリアソツコア(フィギュア)のタノジャンプは腹筋で支るコアが重要

マリアソツコア(フィギュア)のタノジャンプは腹筋で支るコアが重要
マリアソツコア フィギュア 腹筋 タノジャンプ 浅田真央

日本でも人気が高まってきたフィギュアスケート。

 

浅田真央選手の活躍で、

日本でもメダルを多く獲得してきた女子フィギュアですが。

ここ数年は、ロシア選手に圧倒される場面も。

 

メドベージェワ選手やザギトワ選手に注目が集まりますが、

他にも注目すべき選手がいるんです。

 

それが、ロシアのフィギュアスケート選手

マリアソツコアさん。

 

代名詞とも思えるのが、

後半に組み込まれる難易度の高い”タノジャンプ”

 

そして、注目が集まるのは、

その華奢な体からは想像もつかない腹筋なのです!

 

今回は、そんなマリアソツコア選手の魅力をご紹介しちゃいます。

スポンサーリンク

フィギュアスケート選手・マリアソツコアのプロフィールと成績

マリアソツコア ロシア フィギュア プロフィール 成績

マリア・ソツコワのプロフィール
名前:マリア・ソツコワ
英語表記:Maria Sotskova
代表国:ロシア
生年月日:2000年4月12日
出生地:ロシア レウトフ
身長:173 cm
コーチ:エレーナ・ブヤノワ
元コーチ:スヴェトラーナ・パノワ
振付師:イリーナ・タガエワ、ピーター・チェルニシェフ、ニキータ・ミハイロフ
元振付師:イロナ・プロタセニア、ベラ・アルトゥニアン、ナディア・カナエワ
所属クラブ:CSKAモスクワ

マリア・ソツコワの成績
<ISU パーソナルベストスコア>
トータルスコア:216.28(2017年GPファイナル)
ショートプログラム:74.00(2017年GPファイナル)
フリースケーティング: 142.28(2017年GPファイナル)

<獲得メダル>
グランプリファイナル
銀(2017年名古屋女子シングル・ユースオリンピック)
銀(2016年リレハンメル・女子シングル)

世界ジュニア選手権
銀(2016年デブレツェン・女子シングル)

ジュニアグランプリファイナル
金(2013年福岡・女子シングル)
銀(2015年バルセロナ・女子シングル)

ジュニア時代からフィギュアスケート選手として

かなりの功績を残しています。

 

さらにマリアソツコア選手は、

可愛いんですよねぇ。

ロシア選手は若い・可愛い!

そして実力を備えた選手が多いんですよね。

 

そんな中でもソツコアちゃんを応援したくなっちゃうのは、

日本を代表するフィギュアスケート選手

浅田真央さんに憧れていることを知ったから♪

なんか、親近感が湧いちゃったんですよねぇ。

マリアソツコアは浅田真央に憧れていた!

マリアソツコア 浅田真央

そうなのです。

 

ロシアの注目選手と言われるマリアソツコア選手は、

浅田真央さんに憧れているんです。

 

ジュニア選手時代に浅田真央選手に憧れ、

「真央はいつでも私のお手本で、私は理想の真央を目指してきました」

と、目標にしてきたことを公言しています。

 

日本の選手が、

世界で活躍する若い選手の目標になるなんて!

なんだか真央ちゃん好きとしては、

かなり嬉しい事実♪

 

真央ちゃんが優勝した試合の動画を繰り返し見て

研究していたようですよ。

 

初めてツーショット写真をとった時は

感動で眠れなくなってしまうほど。

本当に憧れていたんですねぇ。

 

そんな選手が世界レベルで戦っているとなれば、

応援したくなっちゃうのです(私って単純・笑)

 

そして、マリアソツコア選手といえば、

やっぱりタノジャンプが一番の魅力と言えます。

次の章では、タノジャンプとはなんなのかご紹介しますね。

ロシア代表マリアソツコアが得意とするタノジャンプとは

こねとみ
タノジャンプ?
なにそれ???

ロシア代表のマリアソツコア選手。

とっても可愛らしい彼女ですが、

インターネットで調べると

”タノジャンプ”という単語が出てくるんですよね。

 

フィギュアを好きな人でも、

技の名前に詳しくなければ知らない人もいるかもしれません。

 

”タノジャンプ”はソツコア選手が得意とし、

試合でも取り入れている技の名前です

 

タノジャンプというのは、

片手をあげてジャンプをすることを言います。

タノジャンプ とは

画像はロシアのメドベージェワ選手。

このように、ソツコア選手だけではなく、

男女問わず多くの選手がチャレンジするジャンプです。

 

言葉の由来は、アメリカのブライアン・ボイタノ選手(男性)

彼が最初に片手をあげてジャンプをし、

その難易度に高得点を獲得。

1988年のカルガリーオリンピックで金メダル選手!

という功績を残しています。

 

視聴者
え?手をあげるのってそんなに大変なの?

と思うかもしれません。

ということで、想像してみました。

 

手を体に引きつけて、一本の棒のようにして回る時は

左右対称に近い状態なので軸は中心になります。

しかし、片手をあげれば重心は必ずずれますよね。

左右の形が変わるわけですから。

 

しかも中心点から体の一部が離れることで、

力も分散されます。

これが両手になれば、

より一層力が分散されちゃうわけです。

 

この状態で、普段以上に力が必要になる回転ジャンプは

かなり難易度が高いわけです。

 

その難しさは、

加点要素の一つにある「難しい空中姿勢」に選ばれるほど。

 

よって、タノジャンップは大きな加点に繋がる技なのです。

 

しかも、これらを体力が不足する後半に持ってくれば

さらに加点が上がります。

 

こねとみ
待って待って!
そんなに高得点もらえるなら、みんなタノジャンプすればいいじゃん!

と、思う人もいるかもしれません。

 

しかし、そう簡単にはできないから高得点なわけです。

体の軸がブレてしまうこの体勢。

実際、回転不足を取られることも。

 

成功すれば高得点につながりますが、

思ったようなジャンプをするのはかなり難しいのです。

 

どうやったら、マリアソツコア選手のように

綺麗に回ることができるのでしょうか?

 

そこには、可愛い顔には似つかわしくない

鍛え上げられた腹筋がポイントのようです。

スポンサーリンク

加点対象タノジャンプは腹筋で支るコアが重要

こねとみ
タノジャンプってそんなに大変なの?
だって、ソツコアちゃん飛べてるじゃない!

前章でお伝えした通り、

タノジャンプのように手を挙げたジャンプは、

軸がぶれ力が逃げるのでかなり難易度が高いです。

 

それを支えるのは、

何と言っても”コア”なんじゃないかと思います。

 

体の軸をしっかりと止めるには、

”コア”と言われる内側の筋肉が必要になります。

 

一般人でも、コアが弱いと歩き方がぶれたり、

体に歪みを起こして怪我しやすくなります。

 

マリアソツコア選手は、

見た目かなり華奢で頼りなさそうに見えますよね。

しかし、実は彼女の腹筋はすごいんです。

バッキバキのシックスパックというわけではありませんが、

無駄な脂肪がなく鍛えられた形跡を感じます。

 

コアを鍛えると、

外見で見えるようなバキバキの筋肉がつくわけではないのですが、

深い筋肉が鍛えられることで代謝が上がり無駄なものがなくなるんです。

 

そういう意味では、無駄をそぎ落とされた綺麗な腹筋。

 

ただ痩せるだけでも、シックスパックっぽい線はでますが、

しっかり上部の腹筋が盛り上がってますからね。

予想ではありますが、コアがしっかりしているんだと思います。

 

この筋肉が軸をしっかり支えることで、

タノジャンプのような難易度の高いジャンプを

支えることができているのではないでしょうか。

 

その辺のノウハウがなくても、

このスタイルは同性としてとにかく羨ましい!!!

 

まだ若い選手ということもあり、

今後が楽しみですね♪

唯一、ロシアの選手は若くして引退するのが

ちょっと心配ではありますけれども(汗)

 

タノジャンプを後半に持ってくることで、

高得点を狙うマリアソツコア選手を含むロシアフィギュア選手。

ただこの”得点主義”な演技構成に

一部からは批判の声も上がっているようなんです。

後半にタノジャンプを多用することはルール的に問題ないがちょっぴり残念という意見も

こねとみ
なんだか・・・ちょっと前半が寂しいんだよなぁ・・・

ここ最近ロシア勢の選手は、

タノジャンプのような得点の高いジャンプを後半にまとめ、

前半を捨てているような演技構成をすることが増えているようです。

 

競技選手として活躍する以上、

”勝利”にこだわった演技構成は間違ったことではないのです。

もちろんルールを破っている訳ではないですしね。

 

ただ、演技の美しさを楽しみにしているファンとしては、

前半にちょっと物足りなさを感じたり(苦笑)

 

実際に平昌オリンピックでは、

完全に後半だけにジャンプを集中させたザギトワ選手に対し

「得点主義」
「これはフィギュアスケートではない」
「前半にジャンプがまったくないのはバランスに欠ける」
「まるで美しくない」
「すごいんだろうけど、ガチャガチャしていて見ていて疲れる」
ー引用:ビジネスジャーナル

などの批判の声が出たそうです。

 

まぁ、ものすごいことなんですけどね。

 

普通に滑っていても体力を削がれていくフィギュアスケートで、

こうしたジャンプを後半に詰め込むのは一種の賭けですから。

それをやってのけるのは、

それだけ努力をした証拠でもあるんです。

 

一部ではルール改正の声なども出ているようですが、

フィギュアファンの一人としては、

こねとみ
それってフィギュア界の成長を止めようとしているだけじゃ?

と思ってしまいます。

 

逆に今回のことで、

ザギトワ選手が今後強化すべき点が明確になったわけですから。

 

つまりこうした選手たちは今後、

前半戦にもジャンプを入れられる体力や

ファンを納得させる演技構成力を強化させていくことになります。

そうなりゃ、批判もなくなるわけです。

 

もちろん後半戦のジャンプも、

常に完璧に飛べるだけのスキルアップも。

 

ある意味、女子フィギュアの

大きな成長が求められる時期なのかもしれません。

 

これは選手たちはかなり大変になりそうですね。

ファンとしては見たいけど(笑)

まとめ

マリアソツコア選手のまとめ
1.ロシアのフィギュアスケート・ソツコア選手は若いが実力がある
2.タノジャンプは難易度が高く得点につながる
3.ソツコアの腹筋がかなりすごい
4.女子フィギュア界は大きな成長の時期にさしかかっている

ここ数年、女子フィギュアの上位はロシア選手ばかり。

 

メドベージャワ選手やザギトワ選手も

平昌オリンピックで圧倒的な強さを見せました。

 

ソツコア選手はオリンピックでは

自己ベスト更新等ができませんでしたが、

今後の成長次第ではメダルも狙える選手です。

 

そして、彼女たちが繰り出す高得点ジャンプが、

今後のフィギュア界にも大きな影響を及ぼしそうですね。

 

発展途上の状態で今は批判の声も大きいですが、

それを超える演技によって新しいステージが生まれると思うと

ワクワクが止まりません。

今後の活躍に注目したいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

by こねとみ

 

↓こちらの記事も読まれています。

ザギトワやメドベージェワを日本で見る方法!アイスショーならここに行くべし

2018.02.24

スポンサーリンク

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください