羽生・宇野・フェルナンデス!平昌フィギュアSPトップ3の魅力を考えてみた

羽生・宇野・フェルナンデス!平昌フィギュアSPトップ3の魅力を考えてみた
平昌 フィギュア 羽生結弦 フェルナンデス 宇野昌磨 魅力
2018年2月16日。

待ちに待ったフィギュア個人戦がスタート!

 

ショートプログラムだけで

メダルが決まるわけではないですが、

本当に見所満載でした!

 

改めてトップ3になった人たちのスケーティングを見て、

こねとみ
同じフィギュアなのにこんなに魅力が違うのか!

と驚くような、全然違う滑り。

 

どの選手も大好きなのですが、

今回は素人目線でトップ3選手

羽生結弦さん
ハビエルフェルナンデスさん
宇野昌磨さん

の魅力についてまとめました。

 

ぜひ皆様もコメント欄でご意見聞かせてくださいね♪

スポンサーリンク

平昌オリンピックのフィギュアスケートショートプログラムトップ3の成績や順位

こねとみ
あれ?
結局順位ってどうなったの???
点数は?

まずは、平昌オリンピックの

フィギュアスケートショートプログラム

トップ3と他の選手も含めて

成績をおさらいしましょう。

男子フィギュアSP成績
1:羽生 結弦選手(日本)111.68
2:ハビエル・フェルナンデス(スペイン)107.58
3:宇野 昌磨(日本)104.17
4:ボーヤン・ジン(中国)103.32
5:ドミトリー・アリエフ(OAR)98.98
6:パトリック・チャン(カナダ)90.01
7:アダム・リッポン(アメリカ)87.95
8:ミハイル・コリヤダ(OAR)86.69
9:ミハル・ブレジナ(チェコ)85.15
10:キーガン・メッシング(カナダ)85.11
11:ヨリック・ヘンドリックス(ベルギー)84.74
12:ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)84.53
13:アレクセイ・ビシェンコ(イスラエル)84.13
14:ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)83.90
15:チャ・ジュンファン(韓国)83.43
16:ブレンダン・ケリー(オーストラリア)83.06
17:ネイサン・チェン(アメリカ)82.27
18:ダニエル・サモヒン(イスラエル)80.69
19:ハン・ヤン(中国)80.63
20:田中 刑事(日本)80.05
21:デニス・バシリエフス(ラトビア)79.52
22:モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)76.56
23:マッテオ・リッツォ(イタリア)75.63
24:パウル・フェンツ(ドイツ)74.73
25:ジュリアン・イー・ジージェイ(マレーシア)73.58
26:シャフィク・ベセギエ(フランス)72.10
27:デニス・テン(カザフスタン)70.12
28:マイケル・クリスチャン・マルティネス(フィリピン)55.56
29:フェリペ・モントーヤ(スペイン)52.41
30:ヤロスラフ・パニオット(ウクライナ)46.58

トップと30位の差は、

64.1点。

 

流石にこの点差をフリーで覆すのは難しそうですが、

90点前後の選手はまだまだどうなるかわかりません。

 

トップ集団がたまたまミスをして、

後続選手が後半に驚くべきジャンプを

決めればひっくり返る可能性も。

 

まだまだ手に汗握る展開が待っていそうですね。

 

ただ!

やっぱりトップ3に入る選手には、

それはもう魅力がたくさんあるのです!

 

次の章からは、

素人目線でありながら、

筆者が思うトップ3のスケーティングの魅力をご紹介します。

羽生結弦の魅力!流れるようなスケーティングと曲の捉え方が秀逸!ナルシストでキモイなんて言わせない!

右足首靭帯損傷。

フィギュア選手としては、

致命的とも思える怪我からの復活。

 

それだけでもすごいことなのですが、

復帰戦一発目のショートプログラムで

111.68!

恐ろしい点数を叩き出しました。

 

仕事から帰って、やっと見ることができたのですが、

そのスケーティングに驚き。

 

なんといっても羽生選手の魅力は、

流れるようなスケーティング。

一つの滑走が、一つの物語なんです。

 

多くの選手が、

技に入る前に一瞬体に力が入ってしまうのですが、

羽生結弦選手はナチュラルに入るんですよね。

 

本当に曲と動きを途切れさせない。

こねとみ
観客の感情を止めない演技だなぁ

と、いつも驚かされます。

 

正直、審査員がどんだけ細かいものを見ているかなどわかりませんが、

素人の筆者が見ていても息つくことを忘れる演技ってあるんです。

 

浅田真央さんのあのSPで大失敗した後の、

完璧なフリー演技とか。

鈴木明子選手の鳥肌が立つようなオペラ座の怪人とか。

 

なんかよくわからないけど

目が離せない演技ってあるんです!

 

そういう演技って、選手も途切れてないんですよね。

 

この滑りを実現させるためには、

技が徹底的に体に染み込んでないといけないわけです。

努力を惜しまない羽生選手ならではの魅力だと思います。

 

そして、

平昌オリンピックのショートプログラムで使用した曲は、

後半にかけて一気に加速。

 

最初はゆったりとした曲調だったのが、

後半はやや激しく力強いものに変わっていきます。

 

その時に光ったのが、

羽生選手の曲の捉え方のセンス!

 

テレビでは選手の表情もしっかりと見えるのですが、

前半戦は本当に滑らかに穏やかな表情を浮かべていた羽生選手。

 

しかし、

後半の激しい曲調になった瞬間に表情が変わるんです!

 

見逃した人には絶対に見て欲しい!

U-NEXTで見逃し配信しているらしいので、

後半のご紹介をぜひ参考にしてください!

全然顔違いますから!

 

めちゃくちゃ個人的な見解なのですが、

まるで歌舞伎を見ているようでした!

 

私が見た歌舞伎の演目では、

女型をやっていた演者さんが途中で男だということを暴露して

荒々しい演技に変わっていくというもの。

しかも、海老蔵さんがその役をやっておられました。

その時の衝撃と同じ。

 

女型をやっている時は、

しなやかで女性らしく優しさしか感じなかったのに、

男とわかるや否や表情から指先まで全てが荒々しく!

 

中性的な魅力をもつ羽生選手ならではの、

”変わり身”という曲の表現の仕方だなぁと圧巻でした。

 

一部の人からは

ナルシストでキモイ

なんて言われたりしている羽生選手ですが、

それだけ自己演出をしている証拠だと思うんです。

 

そして、復帰会見で言った言葉をしっかりと体現するなんて

有言実行でめちゃくちゃかっこいい!

 

ちょっと強気な発言で反感を買うことも多い羽生選手ですが、

自分で口にしたことは

自分にプレッシャーとして返って来てるはず。

 

あのゆずが

言ったのにできない

とか許さなそうですしね(苦笑)

 

そしてそれをちゃんと実現しちゃうところが、

多くのファンを味方につけている最大の魅力

なんだと思います。

 

優しい顔して俄然肉食系な感じが、

ギャップ萌えってやつですかね。

いやぁ、素敵だわぁ♪

と色々調べていたらこんな商品を発見!

商品詳細>家庭画報 2018年3月号【雑誌】

え?家庭画報?

と思うかもしれませんが、

★特別付録
・氷上の名曲CD 2017-18 シーズン版
・羽生結弦 特別両面ポスター

がついてくるのです♪

ゆづファンの方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

お次は2位になったフェルちゃんの魅力を語ります!

 

スポンサーリンク

 

ハビエルフェルナンデスは表現力が魅力!表情から演技構成まで流石の一言!


いや、ヒルナンデスじゃないっす(苦笑)

 

兎にも角にも、圧倒的な魅力をもつ、

ハビエルフェルナンデス選手。

 

日本では、

安藤美姫選手の彼氏ということでも知られています。

 

プライベートでミキティと別れただ

なんだと言われていますが、

今回はそれは置いておいて(苦笑)

 

フェルナンデス選手の魅力は、

何と言ってもその表現力!

 

2018年現在で20代半ばという若さでありながら、

すごい落ち着きがありますよね。

勝手に30代のベテランだと

思い込んじゃってたくらいです(笑)

 

欧州選手権では6連覇!
世界選手権でも2連覇!
メダルの数は恐ろしい量に。

オリンピックのメダル獲得は今のところないですが、

フィギュアスケート好きからしたら知る人ぞ知ると言った感じ。

 

平昌オリンピックのショートプログラムでは、

始まった直後から表情豊かに全身で感情を表す演技。

 

まるでミュージカルでも見ているような、

本当にエンターテイメントに溢れたスケーティングでした。

 

技の安定感も素晴らしい!

 

羽生選手に比べ、技術点で劣ってしまいましたが。

 

フリーでここを調整してきたら、

まだまだどうなるかわからない選手です。

 

何と言っても、フィギュアは芸術点がありますからね。

 

もちろん競技なので技術点も大きく左右されますが、

こうした演技をする選手は

今後アイスショーでもめっちゃ稼ぐんだろうなという印象です(笑)

 

フェルちゃん、さすが!!!

 

続いては、若き日本のエース候補!

宇野昌磨選手の魅力について語っちゃいます!

宇野昌磨は技の力強さと柔軟性が魅力!伸び代を感じるスケーティングに注目

宇野昌磨選手は、もう甘いマスクがね(笑)

浅田真央選手が国民の妹ならば、
宇野昌磨選手は国民の弟!

と言っても過言ではないくらい、

母性本能をくすぐる選手です(笑)

 

そんな宇野選手の魅力といえば、

力強い技と柔軟性ですよね。

 

宇野昌磨選手がジャンプを決めると

技が決まった!!!

というインパクトがあります。

 

本当に力強くて、綺麗なジャンプ。

 

そして何より有名なのが、イナバウワーならぬ

クリムキンイーグル!!!

 

一瞬

こねとみ
これからイナバウワーするのかなぁ?

と思ったら、どんどんどんどん倒れていく!?

 

氷上についてしまうのではないかと思うくらい

状態をそらしたままキープする恐るべきクリムキンイーグル。

 

これを支えるために、

小柄な体には似つかわしくないくらいの鍛え上げられた下半身!

 

かーらーのー

滑走後の可愛らしい笑顔!

 

それでいてメディアに慣れていない

照れた対応がまた可愛い!

 

他の選手ができない技を持っているというのは、

かなり強みですよね。

 

技に関しては引き出しも多い宇野昌磨選手。

 

ただ個人的に思うのは、

やはり”技”に向かうための直前の時に『やるぞ』感というか。

準備時間があるんですよね。

そこが羽生選手との大きな違いかなと思います。

 

もちろん、宇野昌磨選手の演技はすごいんですよ!

 

その上で、この準備期間も演技できるほどの表現力がついたら

恐ろしく跳躍しそう

な予感がしますよね。

 

表現力や色気というのは、

今までの選手を見ても年齢を重ねるごとに

増していく人が多かったように思います。

 

そういう意味では、

宇野昌磨選手のこれからがめちゃくちゃ楽しみです!!!

まとめ

平昌トップ3の魅力まとめ
1.平昌SPでは羽生結弦が圧倒的な点数を獲得
2.羽生結弦の魅力は流れるような演技と曲との調和
3.フェルナンデスは熟練された表現力が魅力!
4.技の引き出しが多いのが魅力!宇野昌磨は今後恐ろしい選手に!

今回は、ただのフィギュア好きが語ってしまいました(笑)

 

この記事でご紹介したのはSPのトップ3でしたが、

それ以外の選手にもすごい魅力があるんです!

 

日本の田中刑事選手も、

結構危ない転倒をしたにも関わらず

最後まで気持ちを保った精神力とか。

外国選手もめっちゃかっこよかったぁ♪

(オリンピックカテゴリーでめっちゃ語ってます・笑)

 

オリンピックに向けて、

一年以上戦い続けてきた選手たちの戦いですからね。

そりゃ見応えあるに決まっているのです!

 

だからこそ、

羽生選手も怪我を乗り越えて帰ってきたんですしね。

 

フリーの演技にも力が入りますが。

 

まずは一人一人の選手が、思うような演技ができるように。

最後のインタビューで笑顔が見れるように!

テレビの前で応援したいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

by こねとみ

 

↓今回紹介した選手の魅力や気になる情報を知る記事はこちらから

羽生結弦の復帰会見全文に性格が出てる!プーさん好きな理由や怪我中秘話とは

2018.02.15

安藤美姫の恋人の噂まとめ!小塚との写真でモテる女の勘違いされる性格を検証

2017.04.27

スポンサーリンク

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください