花澤賢人(箱根駅伝/順天堂)原因不明の難病の名前!特徴や症状まとめ

花澤賢人(箱根駅伝/順天堂)が奇跡の復活を遂げた原因不明の難病の名前!特徴や症状まとめ
花澤賢人 箱根駅伝 順天堂大学 難病 病気 症状 名前 完治

感動のまま幕を下ろした箱根駅伝。

もう、筆者も涙しまくりました。

すぐに泣いてしまうのは、年でしょうか?(苦笑)

 

参加する学生たち一人一人に想いやドラマがあり、

それが視聴者の胸を熱くし涙を誘うわけですよ!

 

特に箱根駅伝2018では、一人の駅伝選手が奇跡の復活を遂げました。

それが、順天堂大学の花澤賢人選手。

 

難病により陸上から離れなければならなかった期間を経て復活。

 

ゴール後のインタビューでは、

本人もチームメイトも涙ながらにその喜びを語る姿が印象的でした。

 

そんな花澤選手を襲った難病。

調べてみると、陸上選手には辛すぎる症状や特徴があったのです。

スポンサーリンク

箱根駅伝に出場した順天堂大学・花澤賢人選手のプロフィール

花澤賢人選手のプロフィール
名前:花澤賢人
読み方:はなさわけんと
生年月日:1996年01月18日
身長・体重:164センチ、49キロ
出身地:千葉・船橋市
出身高:八千代松陰
抱負:給水されるように頑張ります
1万メートル自己ベスト記録:28分49秒96

花澤選手が陸上を始めたのは中学時代。

 

憧れの選手である山の神・今井正人選手が所属していた順天堂大学。

花澤選手は、今井選手のあとを追うように順天堂大学に進学しました。

 

スーパールーキーと期待されていた大学一年生から一転。

 

花澤選手は難病により、駅伝にエントリーできないどころか、

走ることすら難しい状況になってしまったのです。

花澤賢人を襲う難病!箱根駅伝の舞台から姿を消すことに

2018年、箱根駅伝に出場することになった花澤選手。

今回の出場には”奇跡の復活”と呼ばれる理由があります。

 

それが、難病。

 

14年の夏合宿で、花澤選手の実力を発揮。

スーパールーキーとして期待が集まり、初の箱根駅伝では1区を任されました。

 

翌年も箱根駅伝にエントリーしたものの、

発熱により選手を交代せざるをえなくなり付き添いとして参加。

 

リベンジを心に誓った翌年16年。

突然の腰痛に襲われることになります。

 

花澤選手

最初は炎症と思っていたが、

だんだんと悪化して歩行や走行が全然できなくなった

 

当時を振り返り花澤選手が語るこの言葉からわかるように、

これはただの腰痛ではなかったのです。

 

花澤選手はこの時、難病を発症させていました。

 

走ることすらままならない状況になった花澤選手は、

箱根駅伝のエントリーから外れることになってしまったのです。

 

花澤選手が患ったと言われる難病。

一体、なんという病気なのでしょうか?

花澤賢人選手が患った難病の名前は強直性脊椎炎!特徴や症状まとめ

花澤選手が患った難病の名前は

【強直性脊椎炎】

きょうちょくせいせきずいえん

と読みます。

 

症状や特徴をまとめてみました。

【強直性脊椎炎】の症状
・脊椎(背骨)
・仙骨(腰のちょっと下の骨)と骨盤との間にある関節
・股関節
・肩の関節
など、体の関節に炎症が起こる

踵など腱が骨につく部分(アキレス腱が踵につくところなど)に
炎症がおこる

眼の急性の炎症(虹彩炎)を発症する場合もある

初期には
・体重減少
・疲労感
・発熱
・貧血
などがみられる

骨自体が炎症により弱くなり、骨粗鬆症を発生することも

【強直性脊椎炎】の特徴
腰痛や殿部の痛みで発病することが多いため
単なる腰痛症や坐骨神経痛と間違われることが多い

進行すると脊椎の間に強直(固まってつながる)や
骨の破壊が起こる

激痛が数日続きその後は痛みがほとんどなくなるなど
症状に波がある

動かさないでいると悪くなるため、
夜間や朝方に強い痛みが起こる

 

症状を見る限り、陸上選手にとっては致命的とも思えるこの病気。

しかし、難病を患った花澤選手を救ったのは、

陸上競技との出会いだったのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

陸上競技との出会いが花澤賢人選手に希望の光をさす

前章でご紹介した通り、

花澤選手が患った難病は

腰やアキレス腱周辺に激痛を伴う炎症を起こします。

 

さらに、進行すれば腰が固まって体が動かなくなってしまうのです。

 

これは陸上選手にとっては致命的ですよね?

 

陸上を愛する花澤選手にとっては、かなり辛い事実。

 

しかし、そんな花澤選手を救ったのも『陸上』だったんです。

 

というのも、

この病気は適度な運動をすると痛みが楽になるという特徴があるのです。

 

実際に花澤選手も、

花澤選手
先生に陸上をやっていなかったら体が固まってしまったのか?

と質問したところ、

先生
絶対動かしてた方が良かったから陸上競技やっていて良かったんじゃない?

と、言われたんだとか。

この言葉を受けたことで、花澤選手にも希望の光が!

 

体を動かすのは痛みを伴い大変だったと言いますが、

病気を発症してからも

ストレッチや陸上の練習を続けブランクを埋めていきました。

 

そして!

箱根駅伝2018で見事に奇跡の復活!!!

 

チームメイトも、監督も、

花澤選手の復活を心から喜んだと言います。

 

何よりも、大好きな陸上に復活できたことを

ご本人が一番喜んだんじゃないでしょうか?

 

筆者も嬉しいです!!!

だって本当に奇跡なんですよ!

”[1/7追記
”]Going!で特集をされた花澤選手。
箱根駅伝のアンカーに選抜された時の映像が流れ、花澤選手があまりの喜びに号泣する姿も。

そして、箱根駅伝当日は、沿道でお母さんが応援。
緊張でガタガタと震えながら息子を待つ姿に、家族で戦ってきたのが感じられ筆者もまた泣いてしまいました。

この病気が難病と呼ばれる理由を聞けば、

その奇跡の意味がわかります!

難病指定されるのも納得!強直性脊椎炎は2000人に1人しか発症しない原因不明の病気

花澤選手が患った【強直性脊椎炎】

どのくらいの割合で発症している人数がいるのでしょうか?

実はこの病気、人種によって発症割合が異なるんだとか。

発症割合(成人)
ドイツ:1%
白人系:0.5%
日本人:0.05%

ドイツ人には発症することが多いようですが、

日本人ではかなり発症割合が低くなります。

 

その数、2000人に1人。

 

しかも、原因はいまだに不明なんだとか。

今まで発症した人の統計から、

ある特定の遺伝子型(HLA-B27)をもつ人が多いことがわかっているとのこと。

この遺伝子に何か原因があるのではないか?

と言われているようです。

 

ただ原因特定までにはいたっておらず、

今もなお原因不明の難病と呼ばれています。

 

花澤選手が奇跡の復活と言われる意味も

納得いただけましたでしょうか?

 

病気を乗り越え感動の箱根駅伝を見せてくれましたが、

花澤選手にとってこれからも長い戦いが続きそうなんです。

花澤選手が患う強直性脊椎炎は完治が難しい

箱根駅伝2018で素晴らしい走りを見せてくれた花澤選手。

その姿を見て

こねとみ
完治したのね!よかった!

と思ったのですが、

どうやらこの病気は完治することが困難なんだとか。

 

しかし、この病気は花澤くんの功績を見てもわかる通り、

適切な治療と運動を続けることで【進行予防】ができます。

 

むしろ花澤選手の場合は、

駅伝で完走できるほどの復活を遂げてますしね。

 

これからも花澤選手は病気と戦うことになるかもしれませんが、

そんな彼を愛する陸上が支えてくれそうです。

そう、まだ花澤選手の戦い、そして陸上人生は続きそうですよ!

[1/7追記]花澤賢人の進路はJR東日本の実業団へ!勇気を与える走りがまた観れる!

箱根駅伝で奇跡の復活を果たした花澤選手。

Going!でもその姿が特集され、

シード争いをしたあのシーンが放送されました。

 

最後のシード権を中央大学と争うことになった花澤選手。

あと1分半もあった差をどんどんと縮めていきます。

そしてあと30秒で追いつくところまで!

 

しかし、最後の最後に追いつくことができず、

残念ながらシード権は逃してしまいました。

 

それでも、病気と闘いながらの奇跡の復活で、

これだけの走りを見せてくれるなんて素晴らしすぎる!

 

その走りで多くの人が勇気をもらったんじゃないでしょうか?

本当に、心のMVPや!!!

 

感動を与えてくれた花澤選手の走り。

今後どうなるのかが気になります。

 

ご安心ください!

花澤選手の進路も調査しました♪

 

花澤賢人選手は卒業後、

JR東日本の実業団に入って陸上を続けてくれるそうですよ。

今度は、実業団チームで走る花澤選手の勇姿を楽しみにしましょう!

まとめ

花澤選手の難病まとめ
1・花澤選手はスーパールーキーと呼ばれ期待
2・突然襲われた難病の名前は強直性脊椎炎
3・症状は関節の炎症で進行すると体が動かなくなることも
4・適度な運動が効果的なため陸上が花澤選手を救う
5・強直性脊椎炎は2000人に1人が発症する原因不明の病気
6・完治は困難だが進行予防ができる

本当に大好きな陸上だからこそ、

箱根駅伝に向ける思いが強いからこそ、

花澤選手のあの走りが生まれたんだと思うと、また泣けてくる(涙)

困難はあると思いますが、頑張って欲しい!

次に見る花澤選手の走る姿を楽しみにしたいと思います。

これからも応援してますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

by こねとみ

 

↓筆者も興奮!箱根駅伝花の二区でドラマが起こった鈴木健吾選手に関する記事はこちら

鈴木健吾(箱根駅伝/神奈川大)大学生最強ランナー故障原因は性格に問題か

2018.01.02
2018年の箱根駅伝から
Huluでリアルタイム中継がスタート!

箱根駅伝ファン必見の5つのポイント

<POINT1>
どんなドラマも見逃さない!CM中もリアルタイム放送
<POINT2>
移動中でもトイレタイムだってスマホ一つで観戦可能!
<POINT3>
放送直後からノーカット版見逃し配信が見れる
<POINT4>
見逃し放送は区間ごとにカテゴリー分けで見やすい
<POINT5>
Huluなら入会から2週間完全無料で全ての動画が見放題!

箱根駅伝ファンとしては必見の場面がたっぷりなのでぜひチェックしてください!

↓Hulu無料トライアルはこちらをクリック↓
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中hulu

おすすめ関連コンテンツ



2 件のコメント

  • 箱根駅伝花澤賢人くんの記事に感動しました、私も71才になりましたが24歳の時突然の激痛(腰痛)東京医大病院で検査入院2ヶ月、その後、愛媛県新居浜市十全病院で再診、強直性脊椎炎研究発表された医師、大本先生に出合い今の私はある、とにかく鎮痛剤を服用し身体を動かすこと、そうしないと身体は固まってしまうと言われた。それから始めた自転車80キロメートルロードレース3年連続出場タイムはそこそこ、ボウリングは愛媛県チャンピオンボウリング大会で優勝(団体)、ゴルフは現在月3回程度、若い頃から病状は悪化、現在は頚椎から胸椎、腰椎、仙眺関節(仙骨)まで固まっているが、鎮痛剤を服用しながら頑張っている。

    • 得居浩司とくいこうじ様

      コメントありがとうございます。

      得居浩司とくいこうじ様も、ご病気が発覚した後も、
      素晴らしい成績を残されていることに感動いたしました。

      健康な上体であっても、
      ロードレースなどはかなりの運動量。

      しかも、71才というお歳で今もゴルフをされているとは、
      頭がさがる思いでございます。

      微々たる力ではありますが、
      今回の記事で一人でも多くの方にこの病気を知っていただければと思っております。

      得居浩司とくいこうじ様のコメントに、
      改めて感謝申し上げます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です