グラチャンバレー2017男子スタメンと試合レポ!アメリカ戦で勝利できるか?

この記事は5分で読めます

こんにちは、connectommy(コネクトミー)ことコネとみです。

いよいよスタートするグラチャンバレー男子大会!

もう楽しみすぎて、すでに手に汗握っております(笑)

ということで今回は。

初日・アメリカ戦でどのような試合をしたのか、スタメンは誰だったのかをまとめたいと思います!

グラチャンバレー2017男子開催!日程をおさらい。

注目のグラチャンバレー2017男子大会。

まずは、日程をおさらいしておきましょう。

9月12日(火)一試合目
19:05 日本 × アメリカ

9月13日(水)二試合目
19:05 日本 × フランス

9月15日(金)三試合目
19:05 日本 × イタリア

9月16日(土)四試合目
19:05 日本 × イラン

9月17日(日)五試合目
18:05 日本 × ブラジル

代表選手に関しては、こちらのまとめ記事をご参照ください。
↓↓↓
グラチャンバレーとは?女子・男子の2017年日本代表に関する記事と戦績まとめ

さらに、グラチャンを見て初めて知ったのですが、今Huluだといろんな角度からの映像がライブで見れるんですね!

スパイクを打つ瞬間とか、ブロックを決める瞬間とか。

一体どこにカメラが仕込まれているのか謎ですが、かなりの臨場感を体験できます!

無料トライアルで2週間は無料だし、もし興味があったら下記のリンクからHuluの公式サイトが見れますよ♪
↓↓↓


初日(9月12日)のスタメンは?

日本のスタメンが発表!

<ウィングスパイカー>
柳田 将洋
大竹 壱青
石川 祐希

<ミドルブロッカー>
李 博
山内 晶大

<セッター>
深津 英臣

ドキドキのスタート♪

頑張れ、NIPPON!!!

グラチャンバレー男子初戦!アメリカに勝利できるか!速報レポ!

初戦は勝利でスタートしたいところ!
どんどこ追記していきますよ♪

アメリカ戦・第一セットの速報レポ!

柳田のサーブから崩し、見事ブロックポイントで最初の得点をゲット!

石川の強烈なスパイクも決まりました♪

ただ、さすがのアメリカ。
とにかく、サーブが強烈なのです。

サーブで崩されて、ギリギリでボールを返すというシーンも多かったように思います。

タイムアウトを取ってからは、大竹のブロックアウトでスタート。

まだ硬さを感じましたが、ここで

柳田・柳田・石川ー!!!

打ち込みまくる日本の攻撃が見事に決まりましたが、その後がなかなか続きません。
アメリカが思うように攻めさせてくれませんね。

点差が広がりつつありますが、流れを変えて欲しいところです。

なんとか3連続ポイント。
やっぱり頼れる石川選手!

実況の川合さんいはく、山内選手がまだ緊張が取れていないとのこと。
いつもの伸び伸びしたプレーを!!!

腕に樹木のタトゥーがあるマシュー・アンダーソンがうますぎる。

タイムアウトのあとに、藤井選手と出耒田選手がIN。

うまく流れが変わったのか、山内選手のブロックが決まりました!

これまでの硬さを吹っ飛ばすような、山内選手の雄叫び!!!

ダブルスコアまで行っていた点差が、5点連続得点で同点に。
出耒田選手の冷静スパイクが見事にポイント♪

同点になってから、アメリカのサーブミスが目立ち始めました。

先に20点に乗ったのは、日本!
・・・と思いきや、チャレンジでタッチが認められてアメリカに先行を許してしまいます。

なんとか連続得点を止めたい日本は柳田のサーブにかけますが、うまく回らず。

ここで深津選手と山本選手がIN。

アメリカにマッチポイントを許すも、李博選手の鋭いスパイク!
なんとか食らいついてくれる???

と期待しましたが、アメリカのスパイクが見事に決まり、第一セットは25-21でアメリカに。

クゥー。
引っ張らないで、第二セット頑張って!!!




アメリカ戦・第二セットの速報レポ!

石川、柳田、井手、大竹、山内、深津でスタートした第二セット。

スタート直後、日本勢のブロックがすごかったです。

アウトになってしまいましたが、しっかり止められているというイメージ。

石川のサービスエースも決まり、第一セットに比べてさは広がらずに食らいついています。

しかし、とにかくアメリカの高さがすごい!
ものすごい角度のスパイクを打ってきます。

さすが、世界2位。

ただ、アメリカのミスも目立っているので、なんとか崩していきたいところです。

とにかく・・・アンダーソンの独壇場。
なんという高さ!なんという強さ!!

敵ながらあっぱれ。

ここで、山内選手の素早いスパイクが!
山内選手らしい活躍が見えてきましたよ。

石川選手のバックアタックも決まり、三連続得点。

しかし、なかなか差が埋まりません。
なんとか、このセットは取っておきたいところです。

深津選手に代わり藤井選手がIN。

二連続得点を取ることができましたが、柳田選手の決定打がうまく行かない!
アメリカのブロックが高い!!!

Wエースの打点が増えていけば流れに乗れそうな気がするのですが、連続得点を許してくれないアメリカの高さが悔しいです。

なかなかうまく流れを掴めない日本勢。

第二セットも25-18でアメリカにセットを渡してしまいました。

第二セット、試合内容もさることながら、めっちゃ気になったのはやっぱりタイムアウトの時の中垣内監督の立ち位置ですね(苦笑)

それに関しては、こちらの記事から。
↓↓↓
ブランコーチが実質的な指揮をするのは日本バレーの作戦?中垣内監督は蚊帳の外

アメリカ戦・第三セットの速報レポ!

石川、出耒田、井手、山内、藤井、柳田でスタートした第三セット。

しょっぱなから、石川選手のスパイクが決まります。
出耒田選手のスパイクも、見事にアメリカのブロッグの隙間を縫って得点に。

ただアメリカの攻撃も相変わらず強く、互いに攻撃を決めては決められの早い展開に。

ここまでアンダーソン頼みだったせいか、少しずつ体力は削られている・・・という情報が途中に入るものの、やっぱり高さがすごい。

なんとか食らいつきたいところですが、第一セット・第二セットに続いて先行を許してしまいます。

ちょっと柳田選手のサーブが決まっていないというのも気になるところですね。

結構、繋げている場面でも、冷静さが上回るアメリカに翻弄されてしまうことも。

なかなかポイントを返すことができず、アメリカの流れが切れない!

しかし、ここで初出場の山本選手の連続得点!

この局面で見る山本選手の爽やかな笑顔!

なんと、心が落ち救われることか(笑)

ただ、どうしてもつかみ切れない!
だんだんとメンバーの食らいつきが弱くなっているような・・・。

第三セットは、日本のミスも目立ちうまく回らない!!!

山内選手のスパイクが決まり、アメリカのマッチポイントにもなんとか諦めずに食らいつきたい場面。

しかし、やはりアメリカは強かった。

第三セットは、25-13でアメリカに。

セットカウント3-0のストレート。

課題の残る試合になってしまったかもしれませんね。

まとめ

悔しい初戦が終わりましたが、気持ちを切り替えて!

・フランス
・イタリア
・イラン
・ブラジル

まだまだ強豪が控えています!

ファンである私たちも、精一杯応援していきましょう!

頑張れ、NIPPON!

最後までお読みいただきありがとうございました。

by コネとみ

スポンサーリンク

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください