平井堅ライブKen’sBar2018セットリストと衣装をレポート[5月30日]

平井堅ライブKen’sBar2018セットリストと衣装をレポート[5月30日]

待ちに待った、平井堅さんのライブ『Ken’sBar2018』

 

いよいよ、ギリギリで手にすることができたチケットを手に、

参加してきました。

 

今回は参加できなかった方も多かったと思うので、

少しでもKen’s Bar2018のことをシェアできればと思います!

 

2DAYS大満足の3時間ライブのセットリストから、

気になる衣装も。

 

さらに、ライブの中で語られた

2018年5月30日にリリースしたばかりの

『トドカナイカラ』『知らないんでしょ?』

に込められた思いもまとめています!

 

ぜひ、最後までお付き合いくださいね^^

スポンサーリンク

平井堅ライブKen’sBar2018セットリスト[5月29日]

私が参加したのは5月30日のみでしたが、

29日に参加したお友達から

セトリいただきましたのでそちらもご紹介します!

平井堅ライブKen'sBar2018/5月29日

1.even if
2.楽園
3.指切り(リクエスト)
4.why(リクエスト)
5.思いが重なるその前に
6.ギャランドゥー(西城秀樹さんのカヴァー)
7.魔法って言っていいかな
8.ノンフィクション

休憩

9.The rose(ベッド・ミドラーさんのカヴァー)
10.Paul(リクエスト)
11.air cameraman(リクエスト)
12.メモリーズ(リクエスト)
13.Ring(リクエスト)
14.トドカナイカラ
15.キミはともだち
16.POP STAR
17.Love Love Love

アンコール
1.知らないんでしょ?
2.強くなりたい 弾き語りver.

 

なんと!

リクエスト曲が6曲も!!!

 

ファンクラブ限定って感じですよね。

当たった方も、すごい選曲。

後から聞いてかなりニヤニヤしちゃいました(笑)

 

続いては、私も参加した30日のセットリストです!

平井堅ライブKen’sBar2018セットリスト[5月30日]

私も会場で堪能し、

号泣しまくった5月30日のセトリをご紹介します!

平井堅ライブKen'sBar2018/5月30日

1.even if
2.楽園

小粋なトーク

3.ex-girlfriend(リクエスト)
4.sing forever(リクエスト)

小粋なトーク

5.思いが重なるその前に
6.魔法って言っていいかな
7.ギャランドゥー(西城秀樹さんのカヴァー)

小粋なトーク

8.ノンフィクション

休憩

9.The rose(ベッド・ミドラーさんのカヴァー)

小粋なトーク

10.愛を伝えたいだとか(あいみょんさんのカヴァー)
11.乾いたkiss(Mr.Childrenさんのカヴァー)

小粋なトーク

12.トドカナイカラ
13.キミはともだち
14.POP STAR
15.Love Love Love

アンコール
1.知らないんでしょ?
2.強くなりたい 弾き語りver.

ちょっと興奮しすぎて、曲順が違っていたらごめんなさい(汗)

 

けんちゃんがカラオケでもよく歌うというミスチルさんの歌を、

まさかこんな形でカヴァーしていただけるなんて。

 

とにもかくにも、本当に素敵なセットリスト。

 

Ken’s Barならではと言いますか、

ウッドベースのみや打楽器のみで歌で聴かせる曲もちらほら。

 

本当に”平井堅”という存在が一つの楽器のような、

圧倒的な歌声を堪能させていただきました。

 

そして、毎回お決まり。

帰り道にしっかりとカヴァーされた曲を

ダウンロードさせていただきましたとさ(笑)

 

続いては、個人的に大好きなリクエストコーナーでの

出来事をまとめてご紹介しちゃいますよ♫

スポンサーリンク

リクエストコーナーでは笑い神降臨!

私が参加した5月30日の回。

29日に比べて、リクエストコーナーは2回。

 

そもそもリクエストコーナーとは、

平井堅さんのライブならではの試みでして。

 

会場にいる方のリクエストに応えて、

その場で聴きたい曲を歌ってくれるというコーナーなんです。

 

個人的に毎回このコーナーが楽しみでして(笑)

いつもちょっと笑神が降臨する方が当たるんですよね(爆)

 

今回もやはりその星があったようです。

 

一人目に当たった方は、ずっと前から平井堅さんのライブに通い続けているという方。

とっても明るい方で、トークの中で

「けんちゃんの嫌いな魚はなんですか?」

という斜め上からのクエッションを投げかける場面も。
(ちなみに答えは、グリンピース以外は全部食べられるとのことでした)

 

そんな彼女がリクエストした曲

「イーエックスガールドフレンズ」

わかる・・・わかるよ、その気持ち(笑)

英語の曲タイトル、どう読めばいいかわからなくなる時ありますもんね!

(正しくは「エックスガールフレンド」)

これにはけんちゃんもかなりつぼってました。

 

そして二人目の方。

大阪から参戦してきたこれまた大ファン!と言った感じの方。

 

けんちゃんのTシャツを地元から着てきた彼女がリクエストしたのは

「Sing Sing Sing」

『いや、そんな曲ないから』

と、これまたけんちゃん大爆笑。

 

(正しくは「Sing Forever」)

 

見事な笑神降臨でお腹を抱えつつ

とみきす
次・・・もし私が当たったらどうしよう・・・あれ?あの曲のタイトルって・・・

と、変な汗が吹き出ていたのは内緒です(笑)

 

大好きなアーティストと話せる機会ができたら、

そりゃ緊張してど忘れしちゃいますね。

 

リクエストコーナーのちょい笑いをご紹介した後は、

ファンの人が気になるであろう衣装についてもご紹介します!

なぜそれが似合っちゃうのか?Ken’sBar2018・5月30日回の衣装まとめ

さてさて。

ライブと言えば、気になる要素の一つが衣装ですよね。

 

今回も

とみきす
もはや、その衣装似合うのけんちゃんだけだよ(笑)

という衣装をまとっておられました。

 

まずは、前半戦。

ノンフィクションのMVを彷彿とさせるスーツなのですが、

中のシャツが派手(笑)

 

赤・青・黄色と原色で彩られたシャツを中に着ておられました。

 

ちなみに、足元にちらりと見えた靴下は、

右が真っ赤・左が真っ黄色とこれまた目が痛くなるような原色。

しかし、かっこよく着こなしちゃうから不思議なもんです(笑)

 

 

続いて、後半戦。

ネイビーのダボっとしたパンツに、白のTシャツ。

その上から、モスグリーンのちょっと丈が短いシャツを着ておられました。

 

ここだけの話・・・

私の角度からは【土方のにいちゃん】に見えることも(笑)

しかし、こんな土方のにいちゃんがいたら、

私は建築現場から一歩も動かない!と宣言できるほどお似合いでした♫

 

そして、アンコール。

衝撃のMVに仕上がっている『知らないんでしょ?』

ミュージックステーションでもすごい衣装で登場したことで注目しておりましたが、

ライブでは上下白のパジャマ姿。

ちょっとシルクっぽい光沢のある生地。

そして、なんと足元は白いビーチサンダルという(笑)

しかし、その真っ白な出で立ちに、

不気味に映る照明がドキッと、ぞわぞわっとさせられる演出でございました。

 

完全に贔屓目(ひいきめ)かもしれませんが、

どれもこれもめちゃくちゃかっこよかったです!!!

 

衣装もしっかりと堪能したライブでしたが、

トーク中に新曲に込められた思いを平井堅さんが語ってくださいました。

トドカナイカラ/知らないんでしょ?に込められた想いに震える

こんな記念すべき日に同時発売となった2018年一発目の新曲。

『トドカナイカラ』
『知らないんでしょ?』

 

全くカラーの違う新曲ですが、

どちらも本当に素敵な曲で即購入しちゃいました。

 

そして、ライブではその歌に込めた想いを平井堅さんが語ってくれたのです。

 

まず、『トドカナイカラ』に関して。

 

恋愛の歌なのですが、

やはり相手を好きになると

「もっと知りたい」
「もっと知ってほしい」

という欲求が生まれちゃうものです。

 

しかし、実際近くなればなるほどに、

どうしても届かないような最後の微妙な距離感が愛おしくなったり。

 

けんちゃん自身も経験があるこの感情を歌詞に込めたそうです。

 

映画【50回目のファーストキス】の主題歌にもなっているので、

その微妙な距離感というのが絶妙に描かれていますよね。

個人的には

君は僕をまともな怖がりに変えてしまった

というフレーズが大好きです♫

 

 

続いて、『知らないんでしょ?』

これは、学校のクラスのカースト制というか、

そういう派閥をイメージして書いた曲なんだとか。

 

学校に限らず、人間というのはマウンティングするように人を比較したり、

優劣をつけたりとしてしまう一面があります。

 

平井堅さん自身、この業界に入って楽曲の優劣をつけられるようになり、

その評価が上がれば自分の評価も上がり、

逆に評価が下がれば自分の評価も下がったように感じてしまったとのこと。

 

そこで、立ち上がれないくらいのダメージを受けてしまったけんちゃんですが、

周りの人から歌手平井堅ではなく、

人間としての平井堅は唯一無二の存在であると励まされたそうです。

 

そんな想いから、

ついいろんな評価に左右されてしまいがちだけど、

全ての人が100点満点であることを伝えたかったんだそうです。

 

歌詞の中では、人間のどろっとした醜い部分が惜しげも無く表現されていますが、

その先にそんな自分も知って認めて、

そんなあなたも100点なんだという気持ちが込められたんだと。

 

そう改めて聞かされて、

こねとみ
あぁ、だからぐさっと刺さったんだな

と、妙に納得して泣いてしまいました(苦笑)

 

平井堅さんの歌は、歌詞をよくよく読むことでより心にしみます。

 

人間の少し弱い部分
人間の少しほの暗い部分

それを歌に乗せて届けてくれることで、

自分だけがそうではないんだとなんだか勇気付けられるんですよね。

 

今回も、本当に素敵な曲を届けてくれた平井堅さんに、

感謝感謝でございます。

 

本当に素敵な楽曲ばかりの平井堅さんですが、

今回のライブでは筆者個人的に大好きな楽曲が満載でした!

スポンサーリンク

強くなりたいの弾き語りver.は感動の嵐!

ここからは、完全に個人的な溢れ出る感想なのですが(笑)

私が平井堅さんを好きになったのは『楽園』がきっかけでございました。

 

そこから曲を聴きあさり、

『even if』は好きな男性に歌ってもらいたいようで、

決して触れては欲しくない大好きな曲になりました(笑)

 

そんな2曲がしょっぱなから連続して歌われたもんで、

もう号泣です(笑)

 

『楽園』に至っては、まさか生で聴けるなんて思っていなかったので、

始まった瞬間にガチで震えました。

 

その後も大好きな楽曲が続き、

それまで座ってた人も立ち上がって踊り狂う『POP STAR』

あれを歌われると、めっちゃ踊りながら

こねとみ
あぁ、ライブが終わっちゃう・・・

と、少しさみしくなるのは私だけかしら(苦笑)

 

そして、20年前の5月30日は、

『Love Love Love』の発売日。

 

平井堅さんも語っていましたが、この曲はKen’s Barやライブで歌うことで、

ファンの人たちからより愛されて行った名曲。

 

これまた私の大好きな曲でございます。

 

アカペラで響き渡る最初のフレーズで、

もう鳥肌と涙が止まりませんでした。

 

かーらーのー

 

アンコールでえぐる『知らないんでしょ?』を堪能した後に、

まさかの!まさかの!!!ラスト曲。

 

弾き語りver.『強くなりたい』

 

この曲、数ある好きな曲の中でもトップと言っていいほど筆者が好きな曲。

 

『Love Love Love』のカップリングということもあり、

あまりライブでは歌われないんですが、隠れた名曲なのです。
(これを機に、多くの人に聞いてもらいたいなぁ)

 

私は毎回リクエストに当たったらこの曲を歌ってもらうと心に決めていた曲。

 

そんな『強くなりたい』を、平井堅さんの弾き語りで!!!

ということで、筆者。

案の定号泣です(爆)

 

この曲は、自分の弱いところを好きな人に見せられない描写や、

それでも好きでいてくれるその人の為に『強くなりたい』と願う曲。

本当に心にしみる名曲なのです。

 

途中、アカペラで歌うフレーズには、

感動の嵐という言葉で語り尽くせない想いが涙になって飛び出しました。

 

一度はライブチケット落選しまくっていた私ですが、

しっかりと同じ時間を過ごせたことを心から感謝したいです!

いつかまた聞けますように・・・。

まとめ

今回のライブは、平井堅さん20周年イヤーの幕開けライブ。

 

客席の少ない狭い小屋だった為、

チケット落選で涙を飲むファンも多かったと思います。

 

それで、賛否両論あったりもしましたが。

 

平井堅さん自身、

来れなかった人たちに謝っておいて。
2018年はいっぱいライブやるから!

と言ってくれたので、次の機会もぜひ楽しみにしたいと思います。

 

これからも、30周年・40周年と輝き続ける平井堅さんを

心の底から応援していきたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

by こねとみ

スポンサーリンク

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください