平井堅がライブに寄せる思い!20周年Ken’sBarで思うこと

平井堅がライブに寄せる思い!20周年Ken’sBarで思うこと
平井堅 Ken'sBar

私の大好きなアーティスト・平井堅さん。

2018年はデビュー20周年と言うことで、
ライブが開催されることに。

一発目がファンクラブ限定ライブだったり、
チケット購入方法が変更になったことで物議を醸し出していますね。

いろんな意見があるのはわかっているのですが、
今回は本当に個人的な意見をまとめさせていただきました。

これも一つの意見として、最後までお読みいただけたら嬉しいです。

コメントもいつでも受け付けております♪

それではどうぞ!

スポンサーリンク

アーティスト平井堅さんがライブに寄せる思いを想像してみた

2018年現在。

もうすでに第一線を走るアーティストになった平井堅さん。

そんな平井堅さんですが、かなりの量のライブを開催しています。

 

多くのアーティストが存在する日本ですが、
これだけ第一線を走っていて、毎年ライブを提供してくれるというのは嬉しいものです。

 

歌手も含め”表現者”と言われる人たちって、
表現する場が必須になります。

でも、本当の人前の表現って、めちゃくちゃパワーがいるんです。

 

自分は役者をやっていたのですが(全然売れていませんでしたが)
一人で舞台に立っている時に
数百倍もの観客に届ける思いを出すとパワーがいるんです。

 

第三者の前で表現することの喜びの反面、
プライベートがなくなり自分がなんなのかわからなくなる時期。

今の平井堅さんからは想像もできませんが、
やはりそういう時期があったと言います。

 

それでもなお、今もライブという形式を毎年提供してくれるのは、
平井堅さんの中の確固たる思いがあるからなんだと思います。

 

その思いは、ライブに行くとファンにもずっしりと感じることができます。

 

心に響くその歌声は、
テレビを通してでもしっかりとつながりますが、
やはりライブという形式を取っているけんちゃんならでは!

 

その場にいることに感謝するほどに、
強く伝わってくる強い思いなんです。

スポンサーリンク

平井堅ファンクラブに入って周りが共感してくれる喜びを知る

個人的なことですが、
私が平井堅さんにハマったのは「楽園」を歌っていた頃。

唐突に出てきた衝撃的なビジュアルと歌唱力。

こねとみ
こ、この人・・・日本人?!

と、かなりの衝撃を受けました。

後から知ることになりますが、
そのビジュアルにご本人はコンプレックスあったらしいです(笑)

 

それから出される平井堅さんの歌は、全部大好きなんです。

ただ、個人的な理由(金銭面とか周りに同じファンがいないとか)で、
ライブに行ったりファンクラブに行ったりというのはここ数年の話。

 

すごい先輩方に比べまだまだひよっこの私ですが、
平井堅さんに対する愛に関しては負けてません!(と、思っている・笑)

 

人によって考え方は様々ですが、
個人的にはファンクラブに入っていなくてもちゃんと

好き!

という気持ちはあると思っている派閥です(笑)

 

特に、2017年にリリースされた「ノンフィクション」は多くの人の心に刺さり、
今まで平井堅さんの『ひ』の字も話していなかった人まで

友人
あの曲、なんか泣けるんだよね・・・

と声をかけてくれるようになりました。

 

正直な話

だろー!!!

と鼻息荒く声をかけたのは言うまでもありません(笑)

 

ファンクラブに入っているかいないかではなく、
ちゃんと平井堅さんの魅力に気づいてくれている人は増えていると言うことに、
ニヤニヤが止まりません(爆)

 

さらにファンクラブに入ったことでツイッターをはじめ、
ファンの方達の声を聞けるようになってより好きになったのは言うまでもありません。

 

ファンクラブに入ることが正義とはいいいませんが、
同じ気持ちを持っている人との交流が増えたことはすごく嬉しかったです。

 

私の場合はファンクラブ入会やこのブログでしたが、
この記事を読んでくださったことをきっかけにツイッターでの交流が増えたら嬉しいなと思います。

 

そんな中で訪れた平井堅さんの20周年イヤー。

ファンクラブを優先するライブ内容に、
賛否両論の意見が寄せられているようです。

20周年のファンクラブ限定ライブ!歓喜と挫折のハザマ!転売阻止にファンが思うこと

そんな中。
20周年ライブとして東京ドームで開催される20周年ライブ。

ファンクラブ限定ライブを開催することに!!!

ファンクラブ歴の浅い私ではありましたが、

これはもう巡り合わせ!!!

とテンション爆上げでした(笑)

 

しかし、今回からチケットの購入方法が変わってしまったのです。

 

要約すると

 

今回の特徴
・ファンクラブにいる人しか抽選に参加することができない
・2名で申し込む場合もファンクラブ同士
・同じアカウントで2回申し込むことができない

 

つまり、ファンクラブ仲間で
それぞれに2枚ずつ応募をするということができなくなったんですね。

 

これに関して、色々な意見が出ています。

 

抽選で当たる確率が減ってしまったり。
私の場合も友人とバラバラで1名ずつ応募することになり、
一緒に行く可能性が減ったりもしました。

 

少しでも生の歌を聞きたい!

と思っているファンとしては、少し寂しい思いがあるのは当然と思います。

 

実際私も応募をして、友人は当選・私は落選した時には、
枕に頭突きをするくらい悔しかったです(苦笑)

 

ただ、今回の措置に関しては、
高額転売をされるチケットを阻止するためのルール変更。

 

周りのファンの方達の意見を聞きながら、
私なりにもう一度妄想してみました(笑)

 

もしも・・・
もしもですよ。

 

めちゃくちゃ大好きなアーティストのファンクラブ限定イベントのチケットが、
高額転売を目的とする何者かの手に渡ってしまったら・・・。

 

もやっとする!!!

 

もちろん、その後の高額転売でチケットを手にする人たちは、
お金を払ってでも見たい!という本当のファンだと思います。

でも、そんなファン心理を逆手にとった違法行為はやっぱり嫌です。
※あくまでも個人の意見です。

 

まぁ、個人的な感情もあり、

応援しているアーティストの意図しない(サポートにもならない)
チケットは買わない

と決めているからというのもあるかもしれませんが。

 

純粋にライブを届けようとする平井堅さんや、スタッフの人たち。
純粋に平井堅さんのライブに行きたいファンの人たち。

・・・の間の人!!!

という気持ちになってしまいます。

かなり幼稚な意見ですけど(苦笑)

 

もちろん、チャンスが減ったと感じる人もいるでしょうし、
私も落選の瞬間はめちゃくちゃがっかりしましたけども。

 

ファンクラブや平井堅さん自身が、

本当に見たいと思っている人たちに対して正規の値段で今の思いを提供したい

と考えているのがわかるので、
その思いを尊重したいと思っています。

 

ファン歴長いのに、ファンクラブ歴が短い私としては、
ファンクラブに入っていないとしても本気で好きな人は潜んでいるという思いはありますが。

 

それでも、今回の措置はファンクラブがファンに対して正規のルートで
いろんな選択肢を提示してくれたのかなと思っています。

 

だからファンクラブに入れと言うことではなく、
ちゃんとファンクラブに入って意思表明をしてくれた人に対して何か特別措置をと。

 

経営側からしたら、とっても悲しいことではありますが。

お金目的の転売業者と本気のファンを見分けることなんて、
チケット購入段階ではわからないんです。

 

だから、ちょっとファンたちには手間が増えるけれども、
本当に好きな人たちにチケットを
”定期料金”で渡したいと言う思いに溢れているんだと思います。

 

いたちごっこ状態に入っているチケット転売問題。

 

その問題に対して、ファンの気持ちに沿って
行動を起こしてくれた平井堅さんやスタッフさんたちに対して尊敬。

そして、今までも少しでもファンと交流を持とうと毎年ライブを開催してくれることに
感謝の思いでいっぱいです。
(周りのファンの人たちの意見で冷静になれたから思えたことですが)

 

ちなみに。
個人的にはファンになるって人による段階があると思うんです。

・あぁ、この人の歌好きダァー
・ライブ行ってみたい
・もうファンクラブに入ってもっと情報を知りたい!

どの段階でもファン。

その意識に間違いはありません。

 

特に2017年の「ノンフィクション」をきっかけに、
改めて平井堅さんに魅了される方も多いと思います。

 

だからこそ、ファンクラブ歴は浅いながらも言えることがあります。

 

歴がどうあれ、本当に好き!本当に生歌を聞きたい!という思いに嘘はないし、
そんな人たちにもライブを提供してくれるはずです。

それが平井堅さんと言う人なんです!

スポンサーリンク

ファンクラブに入ってなくても大丈夫!平井堅ライブチャンスは巡ってくるはず!

平井堅さんやスタッフの人たちは、
毎年何らかの形でライブを開催してくれます。

 

それは数年前の私みたいなファンクラブに入っていないながらも、
平井堅さんのことが好きな人に向けたことなんだと自意識過剰に考えつつ(笑)

 

しかもそういったライブは、
本当にファンなりたての人でも楽しめる内容になっているんです!

 

なんつっても、ライブの中であるリクエストコーナーなんかでは、
奥様が平井堅さんの大ファンで連れてこられた旦那様がキャッチ!なんて場面にも。

 

リクエストコーナーとは、
平井堅さんが投げたボールをキャッチしたら、
好きな曲をリクエストして歌ってもらえると言う鼻血ブーなコーナーです。

 

人によっては

ファン
本気のファンにリクエストして欲しかった!

という人もいるかと思いますが。

私は初心者の人たちがキャッチするとめちゃくちゃ嬉しいんです。

 

だって・・・けんちゃんのトークが冴える冴える(爆)

 

そして、その人がリクエストするメジャーな歌でも、
やっぱり改めて聞くととっても嬉しいものなんです。

リクエストした人としても、
ファンでもない自分がリクエストした曲を歌ってくれるって嬉しいですよね。

 

そういった人たちにも楽しんでもらえるライブをするのが、
平井堅さんの魅力なんですよ♪

 

私個人としては、
そんな風に大好きな平井堅さんの魅力に気づいてくれる人が増えるのは
めちゃくちゃ嬉しいことです。

 

テレビやCDで聞く平井堅さんの歌も素敵ですが、
やっぱり生歌はぞぞぞぞわーっとするんです。

 

 

多分、多くの人が変態だと思われると思いますが。

 

私は、ずっとファンだったにも関わらずライブに行けず、
初めて平井堅さんの歌声を感じた瞬間

こねとみ
平井堅って、存在するんだー

と、呼吸ができなくなるくらい泣きました(笑)

 

私のような変態が何人いるのかはわかりませんが、
そういう人たちにもライブは体験してもらいたいなぁと思っています。

泣くかどうかはわかりませんが・・・。

 

新しいファンを大切にする平井堅さんとスタッフさん。

そんな人たちが提示した今回のちょっと変わったチケット購入方法に関して、
個人的な意見をまとめてみました。

ファン心理の複雑さと矛盾!あなたにもチャンスはある!

ファンになるってとっても矛盾していて。

 

こねとみ
こんなに好きなんだから、ファンを優先してほしい!

という気持ちと

こねとみ
もっと多くの人にファンになってほしい!

という気持ちと。

 

これはどのアーティストのファンであっても、
みんな持っているものだと思います。

 

今回の平井堅さんのライブの措置としては、
20周年ということもあり、

ファンとしての意思表明をしてくれている人たちに、
平井堅さんやスタッフさんが寄り添ってくれた措置
だと思います。

 

それで今がっかりしている人たちがいるのも事実です。

正直私としても、スタッフさんたちの気持ちはわかれども、
行きたかったという気持ちはぬぐえません。

 

でも、別に恨んではいません。

恨むべきは、私の引きの弱さくらいで(苦笑)

これは、今回は私のターンでなかったんだと言い聞かせています。

 

いずれ、何かでまた巡り合わせがあると思っていますし、
その時は行けなかったファンの人たちに
少しでも恩返しができるようにレポしようかなと(笑)

 

ファン
ライブに行けるのもファンクラブだからでしょ?!

と思う方もいるかもしれませんが、
ファンクラブでもいけない時はいけないので、ご安心を(苦笑)

 

もちろん、今回のファンクラブ限定以外にも
ちゃんとそれ以外で間口を広げたライブがあるはずです!

だから、決して諦めないでください!

 

ライブを当初から大切にしている平井堅さん。

ファンクラブ限定イベント以外に対しても、
本気で泣けるライブをしてくれるのが平井堅さんなんです!

 

ファンクラブに入会するのが遅れ遅れまくった出遅れ本気ファンがいうのだから、
間違いありません。

 

2018年は20周年イヤー。

ど頭はファンクラブ限定ライブからスタートしていますが、
きっと何かあるはずと信じています。

 

今回のライブチケットの内容にがっかりしたとしても、
ぜひ諦めないでくださいね。

 

私も同じでした。

ファン
超絶ファンのなかで一人なんて怖い!

という思いは瞬間的に吹き飛びます!

 

もしも、吹き飛ばなかったらぐるっと周りを見渡してください。

 

タオルを持って、呼吸困難になって、涙を流している私がいます。

それ以上に、様子のおかしい人なんていませんから(笑)

 

もしもあなたが、本当に平井堅さんの歌を聞きたいと思っているならば、
今回をきっかけにファンクラブにぜひチャレンジしてくださいね。

まとめ

今回は、平井堅さん20周年記念ライブのKen’sBarに関して、
個人的な意見を述べさせていただきました。

 

実はまだまだ平井堅ファン浅いけどめちゃくちゃ好き!

なんて人に参考にしていただければと思います。

 

ここ数年高額転売に対するチケット対策がなされるアーティストもいます。

新しいシステムが発生するとどうしても批判は伴うもの。

 

でも、だからこそ。

改めて大好きなファンの気持ちを考えてみると
ちょっと違った意見も出てくるかもしれませんね。

 

こういった事例に関してはそれぞれの意見があると思いますし、
私の意見が正解とはいいません。

一つの意見としてみてもらえたら嬉しいです。

 

思いっきり落選してしまいましたが(笑)

私も諦めずに残りのライブに挑戦していきたいと思います!

 

もし同じ会場に嗚咽している女子がいても、
そっと見守ってくださいね(爆)

最後までお読みいただきありがとうございました。

by こねとみ

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です