牡蠣の食中毒症状が続く期間は48時間!正しい対処で早期回復するポイント

牡蠣の食中毒症状が続く期間は48時間!正しい対処で早期回復するポイント
牡蠣 食中毒 潜伏期間 回復 対処法
冬の美味しい味覚といえば、牡蠣ですよね。

栄養満点でとっても美味しい反面、

牡蠣には食中毒の危険も潜んでいます。

 

牡蠣にあたると

その食中毒症状は48時間も続く

ということをご存知ですか?

 

かなり辛いと言われるあの状態がそんなに長い時間・・・

考えただけでもゾッとしますよね。

 

今回はそんな牡蠣にあたってしまったときの対処法や、

早期回復のポイントをまとめてみました。

最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク

牡蠣にあたった!食中毒症状は24-48時間の期間続く(涙)

牡蠣にあたるのは、

多くの場合は牡蠣に含まれるノロウイルス

原因と言われています。

 

このノロウイルスは非常に繫殖力が強く、

わずか100個のウイルスでも

人間の体内で増殖して食中毒の症状を引き起こします。

 

ノロウイルスに感染すると、

・激しい腹痛
・嘔吐下痢を繰り返す
・37~38℃程度の発熱
・体の痛み

などの症状が急激に襲ってきます。

 

とにかく激しい食中毒の症状なので、

一晩中トイレから離れられないなんてことも。

水分も取れないようですと、

ぐったりと体力を消耗してしまうこともあります。

 

私の知人が牡蠣にあたった時は、

その激しい症状でトイレで吐き続けて

痙攣(けいれん)を起こし倒れてしまったそうです。

 

恐ろしい・・・

 

潜伏期間は24~48時間と言われています。

なので、牡蠣を食べた翌日に急激に具合が悪くなったら、

ノロウイルスによる食中毒の可能性が高いです。

 

食中毒が発症すると、

その症状は平均して48時間程度続くそうです。

 

2、3日この地獄のような苦しみが続きますが、

徐々に回復していきますのでご安心を。

 

ウイルスを体外に出し切ることが大切なので、

下痢止めなどの薬を飲むと逆効果になるのでご注意を。

水分補給を意識して、安静に過ごしてくださいね。

 

少しでも早くこの地獄から解放されたいですよね?

 

今後、牡蠣にあたった時に早期回復できるよう、

次の章でご紹介する『正しい対処法』を

チェックしておいてください。

食中毒の症状が出たら正しい対処が早期回復のポイント!

食中毒の症状がでたら、

どのように対処するのがいいかご存知ですか?

正しい対処法を知っていると、早期回復につながります。

これからご紹介していきますので、参考にしてくださいね。

 

食中毒の原因であるノロウイルスに対する、

抗ウイルス剤は残念ながらありません。

基本的に病院で処方されるのは、整腸剤や解熱剤などです。

 

また、繰り返す嘔吐下痢で脱水症状を起こしている場合は

点滴による輸液治療も行います。

 

直接的な治療法がないので、ノロウイルスに感染したら、

【自宅で安静に過ごす】というのが基本となります。

 

激しい嘔吐下痢のため、

脱水を起こしやすくなっているので、

積極的に水分補給をしましょう。

 

とくに湯冷ましや、イオン飲料などがおすすめです。

 

湯冷ましとは沸騰したお湯を冷ましたものなので、

いわゆる白湯ですね。

 

また、症状が辛いときには食事にも気をつけましょう。

 

吐き気があるときに無理に食事を摂ると、

さらに症状が悪化してしまいます。

 

1日や2日位は何も食べずにいても問題ないので、

吐き気や嘔吐、下痢の症状があるときは

【無理に食べないで、お腹を休める】

ようにしましょう。

 

ここで何も食べずに過ごすことは、

早期回復につながります。

 

症状が落ち着いて、食欲が出てきたら、

お粥やうどんなど消化のいいもの

少しずつ口にするようにしてくださいね。

 

こうした正しい対処をすれば、

回復につながるのが牡蠣の食中毒。

しかし、場合によっては回復しないこともあるそうです。

 

そんな時は”命の危険”が潜んでいるかもしれません!

次の章で詳しくご説明いたします。

全然良くならない!もしかしたらアレルギーのサインかも!

牡蠣を食べるときにいくら注意していても、

毎回調子が悪くなる人は

もしかしたら【牡蠣アレルギー】なのかもしれません。

 

この牡蠣アレルギーを持っている人は、

前章でお伝えした正しい対処法をしても回復しないのです。

 

食物アレルギーは生まれつきの場合もありますが、

大人になってから、

ある日突然発症することもあるのです。

 

いままで牡蠣を食べても大丈夫だったのに、

急に毎回具合が悪くなったという場合は注意が必要です。

アレルギーの症状としては、

・下痢、嘔吐
・蕁麻疹
・粘膜や瞼の腫れ
・呼吸困難

などがあります。

 

これらの症状は、

食中毒の場合と比べて比較的すぐに発症するようです。

 

アレルギーは繰り返していくうちに、

体がアレルゲンに対して

どんどん反応しやすくなります。

 

アナフィラキシーショック

という言葉をご存知でしょうか?

食物アレルギーで一番怖いのがこれです。

急激なショック状態になり、

迅速に処置を行わなければ命の危険があるのです。

 

このようなことにならないよう、

アレルギーが疑われる場合はきちんと病院にかかって

専門のお医者さんに診てもらってくださいね。

 

牡蠣アレルギーを発症してしまったら、

残念なことにもう治すことはできません。

一番の治療は、牡蠣を食べないことになります。

 

牡蠣のエキスが含まれるものや、

オイスターソースにも注意が必要となります。

 

自分の体調不良が、

食中毒だけが原因ではないかもしれない

と知っておくことが大切だと思います。

 

アレルギーが発覚してしまうと、

もう牡蠣を食べることはできなくなってしまいますが。

食中毒であれば、

今後も美味しく食べることができます。

 

もう二度とあの苦しみを味合わないために、

絶対に守りたい3つのポイントを次の章でご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

牡蠣を美味しく安全に食べたい!絶対に守りたい3つのポイント

牡蠣を食べるなら、もちろんあたりたくはないですよね。

実は、

牡蠣にあたる確率を下げるポイント

が大きく分けて3つあるんです。

 

このポイントを守って

美味しく安全に牡蠣を食べましょう。

 

・牡蠣は良く加熱すること

牡蠣であたる人で一番多いのが、

十分に加熱されていない牡蠣を

食べたことによる食中毒です。

 

原因となるウイルスや細菌は

十分に加熱すると死滅します。

調理の際は

よく火を通すこと

を意識しましょう。

 

生牡蠣を食べる場合は、

鮮度に注意することが重要ですよ!

 

・調理器具や手は清潔に保つ

これは牡蠣だけではなく、

すべての食中毒に言えることですが、

まな板などの調理器具に菌が付着していると

そこから感染が広がっていきます。

 

時々、

塩素系漂白剤で除菌する

などの対策が効果的です。

 

ノロウイルスが流行る冬の時期は

特に、手洗いをしっかりして

調理するようにするのも大切です。

 

・牡蠣を食べるときは体調を万全に

牡蠣にあたるときというのは

もともと風邪気味だったり

免疫力が弱っていたりするときではありませんか?

 

ノロウイルスに感染するかどうかは、

その人の免疫力も関係しています。

 

元気な人は、そこまで重症化せず、

軽い風邪のような感じで終わることもあります。

「今日はちょっと調子が良くないな」と思うときは、

牡蠣は食べないほうがいいかもしれません。

 

以上が、牡蠣を食べるときに

気をつけてほしい3つのポイントです。

ぜひ、美味しく安全に牡蠣を食べてくださいね。

まとめ

今回は牡蠣の食中毒についてまとめてみました。

いかがでしたでしょうか?

 

意外と牡蠣にあたったときの

正しい対処法を知らない人も多かったのでは?

 

辛い症状からは一刻も早く抜け出したいですよね。

 

水分補給をしっかりしてお腹を休めて

安静にして回復を待ちましょう。

 

また、アレルギーの可能性が思い当たる人は、

きちんと病院へ行って検査をしてくださいね。

 

「海のミルク」と呼ばれるほど、

栄養豊富で美味しい牡蠣。

 

皆さんが今年も安全に美味しく牡蠣を食べられますように。

最後までお読みいただきありがとうございました。

by こねとみ

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です