キングオブコント2017ナレーターがイケボだがあれも生って本当?感想レポ!

この記事は5分で読めます

こんにちは、connectommy(コネクトミー)ことコネとみです。

キングオブコント2017が終わり、かまいたちの優勝で幕を閉じました。
しかし若干結果に納得のいかないツイッターの反応も!

そして、密かに世間で話題になっているのが、ナレーションのイケボっぷり。

どうやら、あれも生で収録されたという噂が・・・。

と言うことで今回は。

筆者が個人的に感じた決勝感想レポを含めて色々とまとめてみました。

キングオブコント2017のナレーターが神谷浩史のイケボ!あれも生って本当?

キングオブコント ナレーション 神谷浩史
キングオブコントは、もちろん主役はお笑い芸人さん。

しかし、このショーレースを盛り上げてくれるのに重要なのって、ナレーターだったりするんですよね。

松本さんがやるすべらない話のナレーターはあの声!って言うのあるじゃないですか。

今回、キングオブコントのナレーターを務めたのは

そう。
視聴者も驚く、声優界ではかなりの人気者・神谷浩史さん。

星野源さんが声優を初めて務めた映画【夜は短し恋せよ乙女】で、女性のキーで歌を歌ってロバート・秋山さんの度肝を抜いた声優さんです。

夜は短し恋せよ乙女に関する記事はこちらから。
↓↓↓
星野源が声優に挑戦するも声質に劣等感(驚)アニメ映画での評判は?

とにもかくにも、ナレーションがイケボでビビりました(笑)

今回のキングオブコントは、番組も生放送。

実は、ナレーションも生で録音されている可能性が。

あまりに流暢に喋られているので、信じられない事実ですよね。

しかし、生放送の場合はメインとなる番組がどのように動いていくかわからないだけに、ナレーションも生で録音されることが多いんだとか。

ベテランでしか、なし得ない凄技という感じがします。

[追記] この件に関して、ナレーションが神谷さんだということは事実ですが、録音である可能性も。

というのも、アンバサダーを担当するみちょぱさんが、大会の数日前に楽屋に訪問してるんですよね。

投稿がされたのは9月25日。

しかし、この日にわざわざみちょぱが録音の現場にいったのかというのも疑問なところ。

このツイートを見ると生放送で4時間かけてやっている感じも。。。

もしかしたら、事前にナレーションの告知をするためにみちょぱさんがこの紙を貼るだけ貼って一緒に写真撮ったのかもですね。

だって、本当に楽屋に突撃したのなら、みちょぱさんと神谷さんのツーショットがあってもおかしくないですよね?

はてさて。
真相は、神谷浩史さんのラジオを聞いてチェックしたいと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


[速報]キングオブコント2017の結果は?感想レポ

[速報]キングオブコント2017の結果

キングオブコント 2017 結果 かまいたち 優勝
キングオブコント2017の優勝者は、かまいたちに!

関西圏ではすでにレギュラーを何本もこなす人気芸人さんだけに、納得の結果になりました。

筆者が激推しするアキナさんと同期で、お互いに切磋琢磨してきただけに嬉しい!

アキナに関する記事はこちらから。
↓↓↓
アキナ(キングオブコント/お笑い)傷つけないネタ内容やコンビ仲まとめ

そして、その他のファイナリストの得点は

アンガールズ
合計 904点
1stステージ 452点(松本人志 89点 / さまぁ~ず大竹 92点 / さまぁ~ず三村 92点 / バナナマン日村 90点 / バナナマン設楽 89点)
ファイナルステージ 452点(松本人志 90点 / さまぁ~ず大竹 89点 / さまぁ~ず三村 87点 / バナナマン日村 93点 / バナナマン設楽 93点)

ジャングルポケット
合計 910点
1stステージ 452点(松本人志 85点 / さまぁ~ず大竹 89点 / さまぁ~ず三村 93点 / バナナマン日村 92点 / バナナマン設楽 93点)
ファイナルステージ 458点(松本人志 93点 / さまぁ~ず大竹 93点 / さまぁ~ず三村 90点 / バナナマン日村 92点 / バナナマン設楽 90点)

さらば青春の光
合計 922点
1stステージ 455点(松本人志 95点 / さまぁ~ず大竹 90点 / さまぁ~ず三村 87点 / バナナマン日村 93点 / バナナマン設楽 90点)
ファイナルステージ 467点(松本人志 92点 / さまぁ~ず大竹 91点 / さまぁ~ず三村 92点 / バナナマン日村 97点 / バナナマン設楽 95点)

かまいたち
合計 942点
1stステージ 464点(松本人志 93点 / さまぁ~ず大竹 93点 / さまぁ~ず三村 95点 / バナナマン日村 93点 / バナナマン設楽 90点)
ファイナルステージ 478点(松本人志 96点 / さまぁ~ず大竹 97点 / さまぁ~ず三村 95点 / バナナマン日村 96点 / バナナマン設楽 94点)

にゃんこスター
合計 928点
1stステージ 466点(松本人志 97点 / さまぁ~ず大竹 93点 / さまぁ~ず三村 97点 / バナナマン日村 89点 / バナナマン設楽 90点)
ファイナルステージ 462点(松本人志 94点 / さまぁ~ず大竹 94点 / さまぁ~ず三村 92点 / バナナマン日村 92点 / バナナマン設楽 90点)

初出場のにゃんこスターは、1stステージでは高得点と叩き出しましたが、2ndステージでほぼ同じネタをしたことから得点が伸びず。

とはいえ、突然現れた癖になるようなキャラクターに世間は熱狂しているようです。

にゃんこスターに関する記事はこちらから。
↓↓↓
にゃんこスター(芸人)は面白い?つまらない?キングオブコント決勝は挑戦しすぎ?

筆者が大好きなジャンポケも、喧嘩をしながら挑んだ決勝だっただけに残念ですね。

お子様が生まれたばかりの太田さんも、ここにかけていたと言う気迫が伺われていたので、もっと伸びてくれることを願っていたのですが・・・クゥー!!

ジャンポケ・太田さんに関する記事はこちらから。
↓↓↓
太田博久(ジャンポケ/キングオブコント)は大学で柔道県大会に!モデルの嫁と掴んだレスリング覇者

こうしたショーレースは、本当に最後の最後まで何が起こるかわからないって言うのが醍醐味だったりしますしね。

キングオブコント2017の感想レポ

キングオブコント 2017 感想レポ
浜田さんの掛け声でスタートしたキングオブコント。
毎回、あの声を聞くだけでドキドキします(笑)

1stステージの順番は以下の通り。

・わらふぢなるお(サンミュージックプロダクション)
・ジャングルポケット(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・かまいたち(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・アンガールズ(ワタナベエンターテインメント)
・パーパー(マセキ芸能社)
・さらば青春の光(ザ・森東)
・にゃんこスター(フリー)
・アキナ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・GAG少年楽団(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・ゾフィー(フリー)

『わらふじなるお』
正直言いまして、一番最初に出てきた『わらふぢなるお』も結構面白かったんですよね。

ただ、このネタ順は大切でだんだんと記憶から薄れていく感。
やっぱりくじ運も一つの実力のうちなんだなと言う印象でした。

『ジャングルポケット』
ジャンポケのネタは、ジャンポケらしく芝居色が強くて結構好きでした。
ただ、ラストが弱かったようなイメージ。

ストーリーが面白いだけに勿体無いような気がしました。

『かまいたち』
かまいたちは、面白かった!
後半サイコパスな感じになってからのまくし立て方がお上手!

『アンガールズ』
すでにベテランの域に入っているアンガは、昔の方が面白かったなぁーと言う印象。
それぞれピンで動き出してしまうと、ちょっとずれてきてしまうんでしょうか?

ただ、うちの両親は大爆笑でしたけども(笑)

『パーパー』
パーパーは、とにかくこの大舞台の雰囲気に飲まれている印象でしたね。
出場者の中で唯一大きくとちってしまう場面も。

まだまだ出たばかりなので、今後に期待したいコンビです。

『さらば青春の光』
さらばは、筆者個人的には漫才の時の方が好きかなと言う感じ。
ただ、今大会の出場歴も長いだけに、安定感のあるネタではありました。

『にゃんこスター』
にゃんこスターは、とにかく『え?なに?!何が起こっているの!!』と、観客を置いてけぼりにする存在感。

メイプル超合金が出てきた時と同じ衝撃を受けました。

『アキナ』
アキナは、もっとメディア受けするネタを持っていただけに、ここにきてその新しいスタイルを披露するチャレンジが裏目に出たかなと。

『GAG少年楽団』
GAGもいつもの若い設定でのネタであれば、もっと違う結果になっていたのではと言う印象。
もちろん今回のネタも面白かったのですが、テンポが掴みきれなかった感じ。

と言うよりも、完全に南海キャンディーズの山ちゃんによるデスパワーですよね(爆)

→山ちゃんが応援すると必ず落ちると言うジンクスです。

『ゾフィー』
ゾフィーは、ネタで勝負するためにフリーで戦ったり、その相方の生活費のために専務として働いていたり。

コンビとしてのキャラが以上に立っていたので期待していたのですが、観客や審査員との歯車が合わなかった感じ。

というか、やりすぎた感じですかね。

ネタ自体は最初は面白かったのですが、変に何かがずれている感じで笑いきれませんでした。

筆者は、ボケをやっている上田さんが、緊張のあまり何回も唇を舐めているのが気になって仕方ありませんでした(笑)

[追記] やっぱり「母親を飯」と呼び続けることに嫌悪感を抱く人が続出。

うちの母も見ながら、最初は笑っていたのにだんだん顔が険しくなっていきましたからね(苦笑)

これは、アキナの「鳥ネタ」と同じことになってしまいそうな予感。

アキナの「鳥ネタ」に関しては、こちらで詳しく書いています。
↓↓↓
アキナ(キングオブコント/お笑い)傷つけないネタ内容やコンビ仲まとめ

今回の感想レポは、完全に筆者の個人的な意見。

もちろんいろんな感想があるかと思いますので、みなさんの感想をコメントに書いてくださいね。

スポンサーリンク

キングオブコント決勝を見たファンのツイッター

キングオブコント 2017 ツイッター 反応
キングオブコントを見終わって、ツイッターの反応をチェック!

かまいたちの悲願の優勝に湧く人や、新星・にゃんこスターの登場にワクワクするコメントなど。

前向きなコメントがある中

キングオブコントってもうダメなのかな。ジャングルポケットは面白いけど
審査員が優し過ぎて、採点した後もフォローしたり謝ったり…がどうしても違和感。萎縮させたりする必要はないけれど、的確で厳しいプロの意見を聞きたいと思う。

という厳しいご意見も。

筆者としては、それぞれの中にもっと面白いネタがあることを知っているだけに、ちょっと残念な気持ちになってしまう部分がありました。

まとめ

素人枠・フリー枠でもにゃんこスターという新しい注目株がでたキングオブコント。

筆者としては、なんか昔の方がガチンコっぽかったなーという気持ちがありつつも、なんだかんだで楽しませてもらいました(笑)

しかし、今回の出場者で言ったらもっともっと面白くなる予感がしていたので、キングオブコント決勝の魔物がいるというのは、あながち嘘ではないのかもしれませんね。

とにかく、そんな中で自分たちのカラーを出し切れたかまいたちの優勝は納得です!

これから全国区での活躍を期待したいと思います。

そして、神谷さん、夜に素敵なイケボをありがとう(笑)

今回のキングオブコント決勝に残ったメンバーが、これからいろんなところで活躍されるのを心から願っております!

もちろん、予選落ちした中にいためっちゃ面白い芸人さんたちも、来年リベンジしてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

by コネとみ

スポンサーリンク

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください