[速報]調布花火大会中止で損害は?職人への支払いや打ち上げ予定の花火がどうなる?

2017年10月に開催が予定されていた調布花火大会が台風の影響で中止で損害はいくらくらいなのかヒヤヒヤ。
また職人さんたちへの支払いや、打ち上げ予定だった花火がどうなるかも気になりますよね?

ということで、今回は。

花火大会が中止になった時の、ちょっと気になることを調査してみました。

[速報]2017年調布花火大会(秋花火)が台風の影響で中止に!

調布花火大会 中止 2017
台風21号が関東にも直撃し、一度設置した設備を撤退するという大変な状況だった調布花火大会。

その苦労はテレビでも特集されるほどに。

なんとかもう一度設置をしたものの、2週連続で台風が接近。

台風22号が当日に直撃!

という訳ではありませんが、沖縄上陸の影響で降水確率は90%。

確実に雨が振ることがわかっており、公式からは朝の10時に中止のアナウンスが流れました。

調布花火大会中止に関してはこちらの記事から。
↓↓↓
調布花火大会の有料席は台風で払い戻しできる?中止決定報の時間や延期予定を調査[追記]

スポンサーリンク

花火大会が中止になると損害はどのくらい出るの?水の泡になった準備期間がすごい

花火大会が中止になると損害はどのくらい出るのか?

花火大会 中止 被害額 損害
街をあげての花火大会。

開催されれば、有料席の収益・出店の収益・そこから流れてくる街の飲食店などの収益と、かなりのお金が見込めるイベント。

逆に、中止になってしまうとかなりの損害が出ることは容易に予想できます。

ただ、実際いくらくらいかかるのかは謎ですよね?

大会の規模にもよりますが、例として有名な隅田川花火大会をみてみます。

2012年度の予算は約1億5000万円とのこと。

<予算の内訳>
花火の打ち上げ費用:約7000万円
警備費用:約3000万円
救護所のテントや仮設トイレの設置費用:約3000万円

警備費用やテントや仮設トイレの設置費用は、開催日が順延されればその分割増になってしまうため、台風レベルの強風・大雨が予想されない限りは中止にはならないそうです。

隅田川花火大会2017の大雨開催に関してはこちらから。
↓↓↓
隅田川花火大会は大雨で中止か?速報に変更はないか本部に電話で確認してみた!

隅田川花火大会は有名なこともあり、周辺のホテルで特別プランが組まれたり、ツアーなんかもあったりするようで。

収入は支出の数十倍が見込めるようです。

実際の損害と考えれば、費用の1億5,000万円が全て無駄になる訳です。

収益見込みも考えて見ると、気が遠くなりそう(苦笑)

この損害に関しては、それぞれの地方自治体が全てかぶる訳ではありません。

花火大会の開催費用は、収益を見込んでスポンサーたちが出資もしています。

さらに、天候に左右されることは予想されているので、ちゃんと花火大会開催のための保険というのが用意されているんです。

そのため、100%主催者が支払う訳ではないそうですよ。

特に調布花火大会は、開催一週間前に台風21号の被害を受けて一度撤収したことにより、被害額が増大してしまったんだとか。

公式Facebookでも

“事務局”
これ(台風被害)により当初予定していた設営費から経費が膨らみ,より厳しい予算の中での開催を余儀なくされています。

調布の花火の開催費は皆さまにご購入いただく有料席収入が大部分を占めています。
今年は夏の時期から悪天候が続き,花火を見ていない方も多いと思います。

ぜひ,調布の花火を有料席でご覧ください。
皆さまに調布の花火を楽しんでいただけるよう,実行委員会一丸となり,体を張ってがんばります!

というアナウンスが出たほど。

保険が効いているとはいえ、被害はあったでしょうね。

来年の開催で今年のぶんまで盛り上がってくれるように、筆者個人的には調布花火大会を盛り上げていこうと思っております。

↑個人的に、調布花火大会が好きなので(笑)

お金だけじゃない!花火大会を開催するのに必要な準備期間とは?

花火大会 準備期間
花火大会を開催するためには、結構前から準備が必要なようです。

当たり前ですが、

“事務局”
よっしゃ!明日、花火大会やろう!

と、勢い任せにできるものではありません。

職人さんたちにしても、主催側からの要望を受けて演出プランを考え、現場見学や都道府県知事への許可申請、プログラムの作成などと様々な仕事が待ち受けています。

花火を作るだけでも一ヶ月から一ヶ月半かかるとのことですから、プランを含めれば数ヶ月は一つの大会のために時間を費やしている訳です。

主催者側の人に、どのくらい前から準備しているのかを聞いてみました。

コネとみ
花火大会を開催する時って、どのくらい前から準備を始めるんですか?
主催者
そうですね、だいたい3ヶ月前くらいから準備に入ります。
コネとみ
じゃあ、そのへんでいろんな告知がされるんですね。
主催者
開催日の2,3ヶ月くらい前から、正式に告知が開始されますね。

なるほど。

主催者側も花火職人さんたちも、一つの大会のために3ヶ月もの準備期間を経てあの素敵な花火を見せてくれていたんですね。

これだけ多くの時間をかけたのに、一瞬で中止になってしまうなんて心が痛いですね。

収益がなくなって職人さんにはお給料は支払いされるの?

花火大会 中止 職人 給料
花火が中止になれば、収益がない訳です。

そもそも、作った花火たちも使わないのですが、職人さんたちへの支払いはどうなるのでしょうか?

結論から言いますと、もちろん支払いはされます!

それぞれ異なる部分はあるでしょうが、最初の契約段階で中止になった時に支払われる金額も決定しているようです。

そりゃ、数ヶ月かけて準備したのに、雨で中止になったから収入ないでーす!なんて言ったら、花火職人は一人もいなくなってしまいますもんね。

人件費など、準備段階ですでにかかってしまった実費に関しては全額支払われるようですが、打ち上げなかった花火分がある程度割引されるようです。

いくら支払いがあるとはいえ、花火職人さんとしても主催者側としても、大会で打ち上げるためのプランなどは自分たちの作品な訳です。

情熱を傾けて準備をしていたのに、気まぐれなお天気で発表できないというのは、精神的には辛いでしょうね。

収益もそうですが、こうした気持ちの部分も考えて雨を避けた秋開催にした調布花火大会。
本当に2017年は不運としか言いようがありません。

調布花火大会の秋開催に関してはこちらの記事から。
↓↓↓
調布花火大会で市民優先有料席チケット予約方法!夏から秋にして雨は平気?

打ち上げ予定だった花火はどうなるの?まさか、廃棄?!

花火大会 中止 花火 どうなる
調布花火大会では、約9,000発の花火が準備されていました。

大ナイアガラ花火なんかも準備されているということで、調布市民の友人に頼んで有料席を確保した楽しみに待っていた筆者。

調布市民優先の有料席に関してはこちらの記事から。
↓↓↓
調布花火大会で市民優先有料席チケット予約方法!夏から秋にして雨は平気?

しかし、不運にも台風被害にあい中止を余儀なくされることに。

ここで使わなかった花火たちもかわいそう・・・(涙)

コネとみ
花火大会が中止になったことで打ち上げられなかった花火たちは、そのまま廃棄になってしまうのかしら?

と、心配・・・というか、興味が湧きますよね?

もしも花火大会が中止になったとしても、その花火たちは他の場所で使用されるとのこと。

もちろんそれぞれの演出プランがあるので、丸々全てを次の花火大会に再利用ということはできないとは思うのですが。

今回、調布花火大会では見れなかった花火たちも、これから開催される花火大会で日の目をみることができるようです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


2018年も秋開催なのかを調布花火大会事務局に聞いてみた

2018 調布花火大会 秋
雨を避けるために、秋開催に変更した調布花火大会。

なんとも珍しい台風2週連続直撃を受けて中止になってしまいましたが、2018年も秋開催でいくのでしょうか?

気になったので、問い合わせをしてみました。

コネとみ
2017年の調布花火大会は中止ですよね?
主催者
はい。中止が確定いたしました。申し訳ございません。
コネとみ
ちなみに、来年も秋開催を予定してますか?
主催者
現状では、まだ夏開催か秋開催かは確定しておりません。
コネとみ
いつ頃発表がされるんでしょうか?
主催者
だいたい2,3ヶ月前には開催の告知をさせていただきます。
コネとみ
わかりました。来年の開催を楽しみにしています!!!

と、のお答え。

以前も秋開催をしたことがありますが、よく年は夏開催に戻ったりと非常に流動的な調布花火大会。

来年は5月くらいからチェックしておきたいですね。

また、小雨開催なども視野に入れて、来年はホテルでの花火観覧も検討しておくのもいいかもしれませんよ♪

調布花火大会が屋内でみれる穴場スポットはこちらから。
↓↓↓
調布花火大会2017の穴場スポットは?花火が見えるホテルの場所と予約方法

まとめ

1・2017年調布花火大会は台風の影響で中止に決定
2・損害は1億円を超える?!
3・準備期間は3ヶ月にも及ぶ
4・中止になっても職人さんには報酬が支払われる
5・打ち上げなかった花火は別の会場でリサイクル
6・2018年調布花火大会は夏か秋かまだ未定

個人的にめちゃくちゃ楽しみにしていた調布の秋花火。

中止になってしまったのは非常に残念ですが、主催者の方々の気持ちを思うといたたまれません。

今年の中止をバネに、2018年には大きな花火を打ち上げてくれることを期待しております!

最後までお読みいただきありがとうございました。

by コネとみ

スポンサーリンク

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください