ブランチで紹介されたTDSニモアトラクション待ち時間は?場所や狙い目時期も

この記事は5分で読めます

なんでかわからないのですが、気温が暖かくなってくると行きたくなるディズニー(笑)

あったかい日に行くと、めちゃくちゃ暑い。
寒くなってきた日に行くと、めちゃくちゃ寒い。

それが、ディズニーの最大の壁だと筆者は思っているわけですが・・・。

それでも、ドナルドダックへの愛が深すぎてちょこちょこと参戦しているわけです。
(今のところ、一人で参戦する勇気は持てていませんが・笑)

今回は、新しくできたファインディング・ニモのアトラクションについて調べてみたいと思います!

王様のブランチで紹介されたニモの新アトラクションとは?

ディズニーシー ニモ アトラクション

2017年5月12日より、あの大人気作品『ファインディング・ニモ』の新しいアトラクションがスタートしました!

その名も『ニモ&フレンズシーライダー』

ライダーとつくと、ちょっと絶叫系の乗り物を想像しますよね?

実際どうなのでしょうか?

このアトラクションは、人気のディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』の世界を舞台に、映像とライドシステムの動きを融合させることにより、映画の海底の世界を体験できる屋内型アトラクションです。

 魚サイズに縮むことができる潜水艇「シーライダー」に乗り込んだゲストは、ニモやドリーたちと同じ目線で、広い海の世界を冒険します。海の世界では、ニモやドリーなどおなじみのキャラクターたちに加え、タコのハンクやジンベエザメのデスティニーなど、映画『ファインディング・ドリー』に登場する人気のキャラクターたちに会えるかもしれません。

ー引用:ディズニー公式ホームページより

カラフルなキャラクターたちに囲まれながら、その世界観を存分に堪能できる乗り物なのです。

乗り物に乗っている時間は、5分程度。
きっとあっという間なんでしょうね♪

ディズニーシーの新アトラクションはどれだけ並ぶ?

ディズニー ニモ 待ち時間

ディズニーで新アトラクションが出ると、みんな行ってみたくなるものです。
そもそもディズニーに行くような人は、この世界観が好きな訳ですもんね。

しかし問題は、新アトラクションだから行ってみたいけど・・・

めっちゃ並んでるやん!!!

ということ。

筆者の体験から言いますと、新アトラクションが出たばっかりの時に行くと、そのアトラクションのファストパスをとるために2時間待ち

え?じゃあ、いつ乗れるの?

みたいな感じです。
一般で並んだらその倍くらいは覚悟しておいた方がいいと思います。

私は、その長蛇の列を見て早々に諦めて、お隣でやっているドナルドダックのショーでテンションMAXになっていましたけど(笑)

ファストパスを取るために、入場からダッシュする人とか。
あれは、マナー違反なんですけどね。

子供の多い施設なのに、大人気ない大人が人を押しのけてダッシュする姿を見るとちょっぴりげんなりしちゃいますよね。

お子さんを連れて行っている親御さんとしては、子供が怪我をしないか心配でしょうし。

早く新しいものに乗りたい気持ちはわかりますが、少し時期をずらすか、もしくは平日に有給を取って行くことをオススメします!

ニモのアトラクションがある場所とは?

ニモ ディズニーシー アトラクション

ニモの新しいアトラクションは、東京ディズニーシーに出現。
ポートディスカバリーにあります。

この辺を歩いていると、よくミスターインクレディブルに遭遇します(笑)
今思い出しても、受け答えが爽やかだったわぁ(まるで戦隊ヒーロー)

ここに行くのであれば、早めにファストパスをとってから近くにある【ホライズン・ベイレストラン】でランチはいかがでしょうか?
↑このパターン、筆者がよくやることです(笑)

ゆったりとご飯を食べている間に、どんどんキャストがテーブルに回ってきてくれるというレストランですね。

私が行った時に会ったのは

・ミッキー
・ミニー
・プルート

ステーキを待っていたら、憧れのキャラクターがテーブルにやってきてくれるのです♪

「しゃ、写真とってもいい?」

と聞くと、もちろん快く受け入れてくれますよ(笑)
ミッキーにチューされた時の写真は、放送できないくらいのデレデレ顔でした(爆)

また、筆者個人的には、ディズニーシーはアトラクションがかなり充実してきていると思うのです。

スタート当初は、正直【センター・オブ・ザ・アース】くらいしからテンション上がるものがなく、とりあえず雰囲気を味わうことに注力していたのですが、【タワー・オブ・テラー】やダイナミックなショーなど。

とにかく大人向けのアトラクションがものすごい勢いでできているんです。

大人になってから行くディズニーとして、シーはかなり確立された施設だと筆者は思っています。

ディズニーの世界観って、すごく計算されているんですよね。

ディズニーシーは、大人の人に向けた施設というコンセプトに合わせて、食べ物や飲み物も用意されているので、飽きないですよ♪

ちなみに、喫煙所はあの夢の世界の中で唯一現実にすごい勢いで引き戻されるところなので、ヘビースモーカー以外は近寄らないことを推奨します(苦笑)

海沿いなのでびっくりするくらい季節の気候に左右されますから、上着や日傘などはその時々で必須アイテムになりますよ。

シーに行ったらここに行くべし!千原Jr.も絶賛のタートルトークとライブ

タートルトークが新しくなった!

ディズニーシー タートルトーク

あの大人気アトラクション【タートルトーク】もニモアトラクションと同日の5月12日に新しいバージョンで復活するんです!

タートルトークに行ったことがない人は、かなり損をしていますよ(笑)

以前、滑らない話の中で、千原ジュニアさんが

「亀に負けた」

と言ってしまうくらい、その話術は驚異的なのです。

筆者はすべらない話を聞いて絶対に行きたくなり、30分ほど並んでタートルトークに入ってきました。

観客は、小学生にもならない小さい子から、その親御さんくらいの大人まで。

しかし・・・

全員大爆笑(爆)

私も、かなり笑いました。

ライブ感といい、その軽快な返しといい、さらにボケやツッコミが誰も傷つけない本当に優しいものなのです。

だからと言って、ぬるくはない。

とにかく会場にいる全員が、腹の底から笑ってしまうというトークライブなのです。

しかもそこに映し出されるCGが、そのライブ感を助長していて、

ディズニーの技術はどうなってるの???

と、単純に不思議になってしまうほどです。

ものすごいディズニーファンという訳ではありませんが、もう一回行きたいなぁと素直に思えますね。

ミッキーの器用さに脱帽

ディズニーシー ミッキー ライブ

あとは、ミッキーのライブ(笑)
【ビッグバンドシアター】は、一度見ておいて損はないです。
※ただし、大人に限る。

お子さんだと飽きてしまう可能性はありますが、大人になって見るとその質の高い演奏に結構ビビります(笑)

大人になってからのディズニーであれば、ディズニーシーのこの二つのアトラクションは必須だと思います♪(筆者個人調べ)

まとめ

まだスタートしたばかりで謎の多いアトラクション【ニモ&フレンズシーライダー】

ファインディング・ニモやファインディング・ドリーがかなりの人気作だっただけに、長蛇の列は免れないと思います。

でも、お子さんは行きたがるでしょうねぇ。

可能であるならば平日に行くことをオススメします。
この人気は、おそらく夏休みまで引っ張るでしょうね。

夏休みのディズニーを考えただけで、若干の鳥肌が立ちましたが・・・。

それでも、結局行ってしまうんだろうなぁと諦めている筆者なのでした(苦笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。

by コネとみ

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください