川添微(honoka)エメラルドハンターのジュエリー個展や値段とは[情熱大陸]

この記事は5分で読めます

こんにちは、connectommy(コネクトミー)ことコネとみです。

筆者がここ最近ハマっている番組。

【情熱大陸】

普段は知ることができない世界を見ることができるというのは嬉しいものです。

大好きなアーティスト・星野源さんの振付師やジェケットデザインをする方が特集されたり、前から気になっていたボルダリングの選手が特集されたりと。

余計にテンションが上がる回が続いていたので、どっぷりと情熱大陸ファンになりました(笑)

今回は、エメラルドハンターと呼ばれる川添微(honoka)の特集。

女性にとってジュエリーは永遠の憧れですからね。
今回も見逃すことはできません!

とはいえ・・・これだけ有名な方の作品、やっぱりお高いんでしょう?

ということで、今回は川添微(honoka)さんについてと、その作品の個展や値段なども合わせて調査してみました。

他の情熱大陸出演者に関しても記事を書いてます♪
こちらもどうぞ!

情熱大陸に出演した人たちの気になる情報

エメラルドハンター・川添微(honoka)とは

川添微(honoka)のプロフィール

川添微 プロフィール

名前:川添微/honoka
読み方:かわぞえほのか/ほのか
生まれ:1971年生まれ
出身地:兵庫県
異名:エメラルドハンター

幼少期より家の裏山でサヌカイト(※1)を拾って遊んでいたとう川添さん。

大学中退後には、バックパッカーとして世界を巡ります。

1990年代、コロンビアのエメラルド原石輸入会社に就職し、やり手バイヤーとして現地で名を馳せ6年間の実践を経て退職。

29歳でニューヨークのGIA(※2)で2年間宝石学とデザインを学び、2001年に見事に宝石鑑定士(※3)の免許を取得。

コロンビアで採掘・買い付けをした原石を活かす作品で30歳の時には初個展!
現在は夫と娘二人と共にインドネシア・バリ島に在住しているそうです。

まさに、エメラルドと共に生きてきた人生ですね。

※1 サヌカイト:香川県坂出市国分台周辺や大阪府と奈良県の境にある二上山周辺で採取される非常に緻密な古銅輝石安山岩。
※2 GIA:Gemological Institue of Americaの略。最も高い評価を受けている世界最大規模の非営利宝石学会研究及び教育組織。
※3 宝石鑑定士:宝石の鑑定や格付けを行う人のための資格。

エメラルドハンターと呼ばれる理由

川添微 エメラルドハンター 理由

ダイヤモンド、ルビー、サファイアと並びその希少性などから「四大貴石」と呼ばれるエメラルド。

美しいグリーンの輝きに魅了される女性も多いと思いますが、実は市場に出回っている99%は人の手によってカットされています。

そんな中、川添さんは原石が持つ美しさを求め、エメラルドの最高の産地である南米コロンビアに自ら出向き、危険を顧みずに、銃を持った警備員が監視する採掘場に入って原石を採掘するところから始めるのです!

まさに【ハンター】

現地での交渉と仕入れ・デザイン・加工・販売まで、すべて彼女が手がけ、彼女が追い求める『原石が持つ本来の美しさ』を追求しています。

川添微(honoka)が経験した驚愕のエピソード

川添微 エピソード

川添さん、ハンターの名をほしいままにするだけあって、結構パワフルなエピソードをたくさん持っていらっしゃいました(笑)

【ダイナマイトの爆破もなんのその】
20代の時。
当時、エメラルド原石の輸入業者で働いていた川添さんは、大量の仕入れが必要になり自ら採掘場へ向かったんだとか。

長い時は一時間以上も奥へと進むトンネルの中で、岩盤にダイナマイトを設置して爆破させ、その破片からハンマーなどを使ってエメラルドを見つけたのだそう。

ご本人は

危険を感じなかったのは、それだけのめり込んでいたからでしょうね。

と、あっけらかん(笑)

【買取交渉でちゃぶ台返し】
買取交渉の際には、アジア人の女性ということで交渉相手にかなりナメられていたんだとか。

しかし、値段は絶対に譲りたくない!

そう思った川添さんは、

ハッタリで机をバーンとひっくり返さんばかりに値段交渉したら、相手が突然、拳銃を突き出してきて。

そうなると、あとはアジア人女性の武器の1つのほほ笑みで、その場をしのぐしかない。

でも、交渉では引きさがりませんでした。

と、驚きの行動。
かなり肝っ玉座っていらっしゃる。

どちらのエピソードも、川添さんがいかにエメラルドを愛しているのか、その仕事に誇りを持っているのかが伝わってくるハンターらしいお話。

これと決めた時の女性は、強いですねぇ(笑)

スポンサーリンク

 

川添微(honoka)のジュエリー(アクセサリー)デザイン

コロンビアの会社でやり手ともてはやされていたにも関わらず、その会社をやめ独立した理由は、川添さんが持つエメラルドのデザインへのこだわりでした。

エメラルドの原石の形を生かしたジュエリーを作りたいと考えていた川添さんは、会社の社長にその胸の内を伝えますが、採算が取れないからと拒否されてしまうんです。

そこで、独立して自らが求めるデザインを追求することに。
早速、川添さんが手がけたジュエリーのお写真を。

honoka エメラルド

こちらは、イヤリング。
どんぐりのような形をしたエメラルドなんて、見たことがない!

honoka エメラルド

こちらは、指輪。
真珠との相性が抜群です。

honoka エメラルド

こちらは、ブローチ。
大きめのエメラルドなのに、主張がいやらしくないですね。

honoka エメラルド

こちらはネックレス。
形や大きさが異なるエメラルドの組み合わせが素敵。

honoka エメラルド

こちらは、ブレスレット。
淡いグリーンの透明感がとても涼やかでお上品。

確かに、一つとして同じ形をしていない!

綺麗にカッティングされたジュエリーも素敵ですが、こういった原石の形を生かしたものというのは、一つ一つの表情が違くて愛着が湧きますね。

いやぁ、本当に素敵!

川添微(honoka)の個展やジュエリーの値段

川添微(honoka)の個展

川添微 個展

川添さんの作品は、個展などで直接見ることができます。

2017年に予定されている個展の情報を集めてみました。

2017年5月24日(水) – 30日(火)
​伊勢丹新宿本店 5F アートギャラリー

2017年5月31日(水)-6月6日(火)
​阪急うめだ本店7F 美術画廊

2017年6月14日(水)-19日(月)
松坂屋名古屋店南館 3階 Mキュービック

2017年7月12日(水)-18日(火)or7月19日(水)-25日(火)
日本橋三越本店本館7階催事場

2017年11月29日(水)-12月4 日(月)
札幌三越本館9階三越ギャラリー

毎年、全国でギャラリーを開いているようです。

一度は生でこの素敵なジュエリーを見てみたいですね♪

川添微(honoka)のジュエリーの値段

こんなに素敵なジュエリー、いつかつけてみたい!!

ということで、気になるお値段を調べてみました。

honoka 値段

「the one」指輪
コロンビアエメラルド原石14.28ct
K18イエローゴールド 3,240,000円

honoka 値段

「いまから」指輪 
コロンビアエメラルド原石4.88ct
コロンビアエメラルド0.12ct
18金イエローゴールド、18金ホワイトゴールド 918,000円

honoka 値段

「地からの光」指輪 
コロンビアエメラルド原石12.82カラット
コロンビアエメラルド0.23カラット
18金イエローゴールド、18金ホワイトゴールド 5,076,000円

honoka 値段

「infinite」指輪
コロンビアエメラルド原石19.43カラット 10,800,000円

とっても・・・とっても素敵だけれども・・・

手が出ません(笑)

いつか、こんなジュエリーが買えるようになりたいなぁ(遠い目)

どこで買える?

川添微 ジュエリー 購入

どこで購入できるのかを調べて見ましたが、販売店を持っている訳ではなさそうです。

基本は、上記に記載した個展の中でオーダーをしていただくことに。
その後、納品に向けて川添さんが動いてくれるようですよ。

今回

一つでも欲しい!

と、一念発起したあなたは、ぜひ個展に足をお運びくださいませ♪

川添微(honoka)の年収を予想してみた

ジュエリーデザイナーの一般的な年収

ジュエリーデザイナー 収入

まず、川添さんが保有する資格お仕事で想定される年収を概算してみました。

【宝石鑑定士】
月給:19〜30万円以上
業務内容や経験スキルによって異なる

年収:230万〜500万程度

【宝石バイヤー】
年齢別の月給
20代:24万程度
30代:27万程度
40代:35万程度

年収:280万〜560万程度
また、インセンティブが発生することもあり、1,000万以上稼ぐ人も多い。

【ジュエリーデザイナー】
企業で働くジュエリーデザイナーの場合
年収:300〜500万程度

独立したジュエリーデザイナーの場合
年収:500〜1000万程度

ただし、独立したフリーデザイナーの年収には幅があり、
人気の人は1000万を超える人も多い。
逆にうまく軌道に乗れず300万以下という場合もあるんだとか。

やはり、ジュエリー業界も人気商売ということでしょうか。

川添微(honoka)の年収予想

川添微 年収 収入

川添さんの場合、上記を全てお一人でやっておられます。

諸々の諸経費もかかりますが、個人事業であればある程度は免除されるものも増えますしね。

そのぶん、作れる作品にも限界が出てきてしまうとは思いますが。

前述した作品の価格を考えると・・・下世話な話・・・

うん千万単位の年収

というのは容易に想像できますね。

セレブってこういう人のことをいうんだなぁ(苦笑)

以前、情熱大陸に出演した他の業種の方達の年収も調査しておりますので、よろしければどうぞ♪
MIKIKOが情熱大陸で語らない年収や結婚とは?意外な年齢と髪型にも注目
吉田ユニの年収や性格は?個展レベルのインスタをまとめてみた[情熱大陸]

次回の情熱大陸は?

次回は、将棋プログラマー【山本一成】さんが特集されます!

将棋プログラム【ponanza】の生みの親。
その実力は、プロ棋士に連勝を続けるほどのものとなりました。

知られざる素顔や収入なども調査してみたので、予習がわりに合わせて読んでみてくださいね♪

山本一成さんの記事はこちらから。

山本一成(ponanza作成者)の将棋の実力は?東大出身の経歴[情熱大陸]

山本一成(情熱大陸/将棋プログラマー)性格は?収入や美人妻との結婚生活も

まとめ

女性の憧れであるジュエリー。
中でもエメラルドの透き通ったグリーンは魅力的ですよね。

川添さんご自身、そんな美しいものを共に歩んできていらっしゃるからなのか、とてもお美しく若くていらっしゃる。

エメラルドにも負けないその女性美。
いつまでもその美しさを提供していただきたい!

最後までお読みいただきありがとうございました。

by コネとみ

スポンサーリンク

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください