MIKIKOが星野源以外に振り付けした歌手は?天才演出はリオでも絶賛!

こんにちは、connectommy(コネクトミー)ことコネとみです。

ここ数年、SNSでは「踊ってみた」系の動画が増えたのぉ〜。

と、まったりとyoutubeサーフィンをしながら午前中の有意義な暇つぶしをしておりました(笑)

2016年の踊ってみたと言えば、やっぱり【恋ダンス】なんじゃないでしょうか?
振り付け動画や企業で恋ダンスを踊ったものをアップする方も多く、ガチのダンサーさんによる動画なんかはキレキレで見応え十分。

かくいう筆者も、年末の暴飲暴食を無かったことにしようと、一人で恋ダンス(爆)
恋ダンス動画を見るだけで、あっという間に一時間が経過してしまいます。

もちろん星野源さんや逃げ恥人気というのもありますが、この簡単で可愛らしい振り付けを考えた振付師のMIKIKOさんもブームの火付け役の一人ですよね。

調べてみると、MIKIKOさんは他にも多くのアーティストの振り付けを担当し、どれも注目度が高いんですよ!

今回は、そんなMIKIKOさんが担当したアーティストやイベントをまとめてみました!

振付師・MIKIKOとは

MIKIKOさんのプロフィール

MIKIKO プロフィール

名前:MIKIKO
出生名:水野幹子
生誕:1977年8月11日
出身地:広島県
職業:振付師、演出家
事務所:アミューズ
共同作業者:ELEVENPLAY

ー引用:ウィキペディアより

MIKIKOさんのプライベートなことは↓こちら↓のブログにまとめています。
MIKIKOが情熱大陸で語らない年収や結婚とは?意外な年齢と髪型にも注目

ダンサーから天才振付師への華麗なる道のり

MIKIKO 振付師 経歴

今では有名な振付師になったMIKIKOさんですが、ダンスを習い始めたのは高校時代から。
バレエやバトンなどは幼い頃からやっていたらしいので、もともと音楽に合わせて体を動かすのは得意だったんでしょうね。

1996年からは多くのダンス大会で優勝を重ね、1999年にMIKIKOさんの地元・広島にアクターズスクールが開校した時に指導者としての活動を始めたそうです。

この時の生徒だったのが、当時は小学5年生だったPerfumeのメンバー。
今もMIKIKOさんに振り付けを担当してもらっているので、かなり長い付き合いなんですね!!

しかも、あのMAXのバックダンサーとして活躍していた時代もあったんだとか。

そして、Perfumeと同じアミューズに所属することになったMIKIKOさんは、演出家としての技術を学ぶためにニューヨークへ移住。
2年間に及ぶ修行を経て、帰国後は多くのアーティストへの振り付けやイベントの演出に携わるようになったのです。

なんとも、ダンスとは切っても切れない人生を送られているんですね♪

星野源以外にも大物歌手の振り付けを担当

2016年一大ブームになった【恋ダンス】

それまでも、知らない間にMIKIKOさんの作品を見ていたのでしょうが、やっぱり注目され始めたのは2016年に大ヒットした【恋ダンス】じゃないでしょうか?

元々は、星野源さんの楽曲【恋】のPVの中で、星野源さんとダンサーの皆さんが踊っていたこのダンス。
ドラマ【逃げるが恥だが役に立つ】のエンディングで、出演者の方が踊る映像が注目され人気のきっかけに。

新垣結衣さんと石田ゆり子さんのダンスが、そりゃーもー可愛くて可愛くて!
星野源さんがダンスがお上手なのは知ってましたが、古田新太さんもさすが劇団☆新感線!という完璧なダンスでしたね。

大谷さんの慣れないダンスも微笑ましかった(笑)

その後、そのダンスを踊って動画をアップするという現象が起こり、年代性別を超えて日本国中の人が恋ダンスに魅了されるようになりました。

MIKIKOが振り付けした大物歌手たち

MIKIKO 振り付け 歌手

MIKIKOさんが振り付けを担当するのは、もちろん星野源さんやPerfumeだけではないんです。

ざっとまとめてみました!

Perfume
さくら学院
BABYMETAL
RIP SLYME
Lil’B
CHEMISTRY
YUKI
青山テルマ
MINMI
クラムボン
YUI
マキシマム ザ ホルモン
平井堅
SEKAI NO OWARI
ゲスの極み乙女。
椎名林檎
星野源 など

もちろん、ご本人に対しての振り付けだけでなく、その曲に合わせたバックダンサーの振り付けというものも含まれております。

それにしても、なんと豪華なメンバー!!
曲のジャンルも様々なので、いかにMIKIKOさんがオールマイティーな才能の持ち主なのかがわかりますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

リオオリンピックで絶賛された天才的な演出

リオ 閉会式 演出

2016年のリオオリンピック。
かなり話題になったのが【安倍マリオ】が登場する閉会式の五輪旗引き継ぎですよね。

ご覧になっていない方はこちらをどうぞ。

音楽は中田ヤスタカさん。
ショーのプロデュースは椎名林檎さん。
そして、総合演出・振り付けをMIKIKOさんが担当されました。

さすが、日本が誇る芸術的な方々の作品!
ダンス・映像・プロジェクションマッピング・アニメーションと盛りだくさんの演出で、幻想的かつ芸術的でしたわぁ。

青森大学男子新体操部のダイナミックな演技もかっこいい!

こんなワクワクするようなショーをやったので、東京オリンピックの開会式もかなりハードルが上がったかもしれませんね(笑)

<追記>
情熱大陸でも言われていた通り、ドイツのCeBIT(IT分野における最先端の指標)という祭典でセレモニーを担当し、世界から絶賛されました!

テーマは「テクノロジーと人の関係」
やっぱり、素敵!!!

振り付けの枠では収まらない演出へのこだわり

MIKIKO 演出 こだわり

「目標は踊り手の身体や個性を美しく見せること」

と語るMIKIKOさん。

リオでも、人の動きがキレイに見えるようにと演出されたとのこと。
プロジェクターやドローン・LED・移動式半透過スクリーンなど先端技術を用いた演出も得意なので、閉会式はまさに人と技術の融合演出!

「ハマったときにスゴイことになると思うので、あえて複雑に今回は作った。」

とご本人も言われているように、あらゆるものに無駄がなく洗練されていましたね。

また、恋ダンスなどでも見られたように、日常の仕草を振り付けに多用することも多いんです。
歌詞とダンスの内容がマッチしていて、ちょっとミュージカルに近い感覚。

歌詞や世界観を伝えることに対して、決して妥協を許さないまさに芸術家と言えるんじゃないでしょうか。

まとめ

まとめているだけで、ものすごい人だということがひしひしと伝わってきました。

そりゃ、情熱大陸で特集もされますわ(笑)

東京オリンピックの開会式も、MIKIKOさんプロデュースのショーにしてくれないかなぁなんて期待しちゃいます。

自らハードルをあげて、自らさらに上のショーを繰り広げる。

なんか、かっちょいいMIKIKOさんならやってのけてくれそうですね(笑)
これからMIKIKOさんが見せてくれる世界が楽しみで仕方ない!

要チェックやで!!

by コネとみ

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です