野田洋次郎に逮捕歴が?英語堪能な帰国子女が魅せる主演ドラマの評判は?

こんにちは、connectommy(コネクトミー)ことコネとみです。

映画「君の名は」が一大ブームになり、一気に有名アーティストになったRADWINPS
もともと、独特の世界観を持っていたので気になっていはいたのですが、映画の世界観と合間って一気にブレイクしましたね。

そんなRADWINPSを調べていくと、いろいろな検索結果が!

今日は、そんなRADWINPSの人気ボーカルの野田洋次郎さんに関して調べてみました。

英語堪能な帰国子女?野田洋次郎とは?

RADWINPSのプロフィール

RADWINPS プロフィール

出身地:日本の神奈川県横浜市
活動期間:2001年 –
レーベル:
NEWTRAXX(2003年 – 2005年)
東芝EMI→EMIミュージック・ジャパン(2005年 – 2013年)
EMI Records(2013年 – )
事務所:有限会社ボクチン(voque ting)
メンバー:
野田洋次郎(ボーカル、ギター)
桑原彰(ギター、コーラス)
武田祐介(ベース、コーラス)
山口智史(ドラムス、コーラス)
旧メンバー:
斉木祐介(ギター)
朝生恵(ベース)
芝藤昭夫(ドラムス)

ーウィキペディアより

野田洋次郎さんのプロフィール

野田洋次郎 プロフィール

出生名:野田洋次郎
生誕:1985年7月5日
出身地:東京都
担当楽器:ボーカル、ギター
活動期間 2001年 –
レーベル EMI RECORDS

ーウィキペディアより

野田洋次郎さんの略歴

野田洋次郎 略歴

東京都の日赤病院で生まれました。
春光幼稚園に通っていたが、卒園まで残り3か月という時に、アメリカ合衆国テネシー州のナッシュビルに引っ越します。

小学校はScales Elementary Schoolに2年間通っていたが、カリフォルニア州のロサンゼルスに引っ越し、Soleado Elementary Schoolに転校。
その3か月後、本来行くはずであった自宅近くのSilver Spur Elementary Schoolに定員が一人空いたため再び転校。

幼少期から英語環境にいた結果、未だに英語の歌詞を多用する楽曲が多いのかもしれませんね。

父はサラリーマン、母はピアノの先生をしていたということなので、幼少期より音楽に触れていたんでしょうね。
兄弟はお兄さんがいるようです。

ベース、ドラム、ヴァイオリン、ピアノ、キーボード、シンセサイザーも演奏できるという楽器全般イケる天才。
ギターに触り始めたのは小学5年生!!
歌詞に英語が多く登場するが、英語が堪能な理由は「英語を喋らざるを得ないような環境にいたから」と本人は語っているようです。

また、野田本人も敬愛するMr.Childrenの桜井和寿はRADWIMPSデビュー前にデモテープを貰った際、ほとんどの楽曲が英語詞だった中に、1曲日本語での歌詞の楽曲があり、「日本語でやったほうがいいですよ」と事務所社長に伝えたという逸話があります。

桜井さんの先見の明はすごいですね!

スポンサーリンク

野田洋次郎さんがドラマ主演?!その評判は?

野田洋次郎さんの芝居歴

野田洋次郎 芝居歴

アーティストとして知られている野田さんが、役者として活動をしていたなんて知りませんでした。
調べてみると数々の賞を受賞しているという!

デビュー作は映画「トイレのピエタ」

あの天才漫画家・手塚治虫先生が、死の直前に残した日記を元に作られたという本作品。
満を辞して映画かされた本作の主演が、なんと野田洋次郎さん!

謎に包まれていたアーティストを主演に抜擢するとは、かなりチャレンジャーですよね。

開いてみれば、そのキャスティングから演出からピタリとはまったようで、なんとこの作品で野田さんは

第39回日本アカデミー賞 新人俳優賞(野田洋次郎)
第70回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞(野田洋次郎)

輝かしい俳優デビューをされています。
新人・アーティストという立場でありながら、この受賞歴はかなりすごいですね。

改めてみてみたくなります!!!

野田洋次郎さんの主演ドラマ

演技にも提唱がある野田さんが、2017年春のドラマで主演を勤めとのこと!

その名も「100万円の女たち」

青野春秋さんが綴るスピリッツで掲載されている漫画がドラマ化されることになったんですね。
あらすじとしては・・・

売れない小説家・道間 慎。
彼は5人の女たちと同居している。女たちは、毎月彼に100万円ずつ支払い、その代わりに彼が女たちの世話をする。世にも奇妙なルールで繋がる、六角関係同居ミステリー。

ー公式サイトより

公式サイトでは第一巻が試し読みできるのですが、かなり想定を超えた内容でした。
この主人公を野田さんがやるとは・・・。

かなり難しい役どころですが、受賞歴があり世界観がはっきりとしている野田さんならば、上手に演じきってくれるかもしれませんね。

まとめ

2017年4月13日スタート 毎週木曜深夜1時~1時30分。
テレビ東京で放送される本作品は、かなり興味大ですね。

ここ最近では、ドラマの視聴率がかなり低下してるので、深夜枠といえ話題を作ってくれる作品には期待が高まりますね。

主題歌はRADWINPSではないようですが、今後どうなっていくのか見ものです。

日本のドラマがどれだけの作品になるのか、深夜ドラマも含めて注目していきましょう!

by コネとみ

スポンサーリンク

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください