大人気アニメ「弱虫ペダル 第1期」熱き青春を無料で堪能!


こんにちは、connectommy(コネクトミー)ことコネとみです。

今日から早速おすすめ作品をご紹介してまいります。
今日は、大人気アニメ「弱虫ペダル」
動画配信アプリで何度も見返しちゃうくらい、私も大好きな作品です。

背中を押してもらいたい、青春を感じたいと思っている人にはオススメですよ。
(運動不足に悩んでいる人は、これを見て自転車に乗りたくなるかも・笑)

弱虫ペダルってどんな作品?

弱虫ペダルは、渡辺航先生によって書かれた日本の少年漫画作品です。
原作は、週刊少年チャンピオンに連載され、人気が出て単行本化へ。

その後、アニメ化・映画化を経て、2017年には2.5次元舞台化やコラボカフェができてしまうほどの人気ぶりです。
ちなみに2.5次元舞台とは、アニメなどを題材にした舞台のことです。
有名なところだと「テニスの王子様」とか。

主人公が試合(レース)を通して成長していくというスポーツ漫画の王道でありながらも、ものすごいアニメオタクな主人公はもちろんのこと、登場人物のキャラクターが非常に面白く、またそれぞれの葛藤が涙を誘います。

アニメは

・第1期「弱虫ペダル」:全38話
・第2期「弱虫ペダル GRANDE ROAD」:全24話

が、既に放映されており、huluやAmazonプライム・ビデオでも見ることができます。

2017年1月9日(明日ですね)より、待望の3シーズンがスタートするとのこと!
これは、今のうちに前のシーズンを見直さなければ!

第1期「弱虫ペダル」のあらすじ


アニメやゲームが大好きなオタクの主人公・小野田坂道は、千葉県立総北高校に入学。
中学時代はアニメやゲームについて熱く語り合える友ができず、高校ではアニ研(アニメ研究部)でアニ友を増やすことを夢見て部員募集をする坂道だったが、なかなか部員は集まらず・・・。

小学生の頃から電車代を浮かせてグッズを買うため、愛すべき地・秋葉原まで自転車で通いつめた坂道は、総北高校名物「激坂」と呼ばれる斜度20%以上の急な斜面をママチャリで疾走していた。

その姿を目撃した同級生の今泉俊輔から自転車レースを挑まれる。
「坂道が勝てばアニ研部に入っても良い」という今泉の言葉に、部員が欲しかった坂道は勝負を受けるが惜敗。
初めて見るロードレースの走りに高揚しつつ、今泉から自転車競技部への誘いに答えを出せずにいた。

その後、秋葉原で突然声をかけられた鳴子章吉と出会うことになる。
鳴子は幼い頃から自転車競技をやっており実力は折り紙つき。
そんな鳴子とひょんなことから一緒に自転車を漕ぐことになり、今泉とのレースに続き自転車で走ることの楽しさを感じる。

2人との出会いに背中を押され、自転車競技部に入部した坂道。
完全初心者というハンデを持ちつつも、天性の才能と最後まで諦めないその精神、そして仲間の支えや仲間を思う気持ちの強さで徐々に成長を遂げていく。

スポンサーリンク

第1期「弱虫ペダル」の見どころ

とにかく、キャラクターが魅力的な弱虫ペダル。
超絶天然の主人公・小野田坂道は、初心者ということもあり幾度となく壁にぶち当たるのですが、その都度自分のできることから少しずつ努力ししっかりと壁を乗り越えていくんです。
憎めないそのキャラクターは、見ているこちらが心から応援したくなるんですよね。

他のキャラクターたちも、それぞれの課題を持ちつつ己との戦い、そして仲間やライバルとの交流の中で成長をしていきます。

大人になってから見てもその姿から学ぶことも多く、見終わった後には

「私も何か始めなきゃ!私も頑張らなきゃ!」

と、背中を押されるような気分になります。

特に、合宿中に行われるインターハイのレギュラーメンバーの座をかけた2年生とのレースは感動です。
仲間でありながら、常にライバルである彼らにとっての死闘。
疲弊した体を鞭打って走り、心理戦や持ちうる技術を全て出して戦う姿に涙が止まりませんでした。

うぅぅぅっ、青春!!(涙)

そして、第1期の最後の見どころはやはりインターハイ。
絶対王者・箱根学園と、ダークホースの御堂筋翔率いる京都伏見高校。
数ある強豪校とのレースで、幾度となく総北高校は絶体絶命の危機を迎えるわけです。

いや、もうホント、これ以上問題起こらないでよぉぉぉ。

ってくらいに(苦笑)

金城真護・田所迅・巻島裕介という3年生3人組にとっては、ラストのインターハイ。
その強い思いがあるから、様々な危機で毎回心を締め付けられます。
総北高校の仲間の絆がどんどん強くなって、その絆をつなぎ止めるのがまっすぐな男・坂道!
その姿がまた泣ける!

まとめ

第1期は、インターハイ全3日の中の2日目途中で終わってしまいます。
めちゃくちゃ続きが気になるタイミングで終わるという、観客泣かせな展開(笑)

安心してください。
もう既に第2期も続けで動画配信アプリで見れますから。
リアルタイムで見ていたら、モヤモヤして眠れなかったかも(苦笑)

ちなみに私は弱虫ペダルにどハマりし、劇中歌「恋のヒメヒメぺったんこ」をついつい口づさむようになっておりました(笑)

明日からの第3期放映スタートまでに、ぜひ見てみてくださいね♪

by コネとみ

スポンサーリンク

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください