楢崎智亜の肩甲骨すごっwボルダリング選手がインスタで見せる素顔[情熱大陸]

スポンサーリンク

この記事は5分で読めます

こんにちは、connectommy(コネクトミー)ことコネとみです。

2020年東京オリンピックで、正式種目になったボルダリング。
筆者も、ひっそりとボルダリングにハマっております(笑)

一般人が趣味で始めるスポーツとしてはだいぶ定着してきたこのスポーツクライミングが、オリンピック正式種目になったということで、大注目されているんです!

今回は、そんな人気競技の中で注目が集まっているのはイケメンボルダリング選手の【楢崎智亜】さんについてまとめてみました!

情熱大陸に出た楢崎智亜とは?

楢崎智亜のプロフィール

楢崎智亜 プロフィール

名前:楢崎智亜
読み方:ならさきともあ
生年月日:1996年6月22日
出身地:栃木県
身長:170cm
体重:58kg
所属:TEAM au

特徴的な肩甲骨

楢崎智亜 肩甲骨 立甲 チーター

オリンピックの正式競技としてボルダリングが決定した時から、ちょこちょこと特集されている楢崎選手。

なんといっても、注目すべきは肩甲骨の可動域!

チーターのように、肩甲骨を出すことができ、肩甲骨でものを挟めるという驚異の可動域を持っていらっしゃるんです!

こういった肩甲骨を【立甲】と呼びます。

古武術や動物研究から「運動科学」を創始された高岡英夫先生が作った【立甲】という言葉。

人間は脊柱動物と呼ばれ、その原始的な動きはチーターやオラウータンなどに見られる【肩甲骨を立てて】歩くというもの。
それが【立甲】なんですね。

【立甲】ができるようになるとどんな利点があるのか?

・肩が故障しにくくなる
・パフォーマンスが上がる

などの利点があり、ボルダリング選手としてはかなりのメリットと言えます!

楢崎選手のクライミング

まずは、楢崎選手が所属しているTEAM auの動画をどうぞ。

ど、どしたん!!

飛んだで!

ってか、天井を這っている感じなんですけど!!
もはや、一般人には全く理解ができない(苦笑)

本当に無駄のない動きって感じですね。

スポーツクライミング、ちょっと気になるわぁ。
クライミングのルールは、後半にまとめておきますね。

オリンピックでも金メダルを狙う?世界選手権1位の実力

楢崎智亜 世界大会 優勝 日本人初

2012年:ジュニアオリンピックカップ(リード)2位
2013年:クライミング日本選手権(リード)2位
2015年:全日本クライミングユース選手権(ボルダリング)優勝
2016年:クライミングワールドカップ 年間チャンピオン
2016年:クライミング世界選手権 優勝(日本人初)
2016年:ADIDAS Rock Stars 優勝
2017年:THE NORCE FACE CUP優勝

ジュニア時代から凄かったんですねぇ。

日本人初・世界選手権での優勝は、ニュースにもなったので知っている方も多いと思います!

その後も、大きな大会で優勝!優勝!!優勝!!!

もはや、最強と言っても過言ではありません

羽のような肩甲骨を作ったトレーニング

楢崎選手のコーチ

目の前で金メダルを取ってくれました!! 幸せな出来事でした。

千葉 啓史さん(@chibatore)がシェアした投稿 –

そんな楢崎選手の肩甲骨を作り出しているのが、コーチである千葉ひろしさん。

千葉さんは、ボルダリング界ではかなり有名な方で楢崎選手だけではなく、女子の代表である野口啓代選手のコーチもやっていらっしゃるんです。

コーチご本人も岩場を使ったガチのクライミングなどをしており、登る姿はもはやスパイダーマン!

世界チャンプのコーチはやっぱりすごかった(笑)

素人も参加できるクライミング講座などもやっているそうですよ!

楢崎さんのコーチにボルダリングを教えてもらえるなんて、なんて贅沢!!

千葉さんに関しては、こちらの記事でも詳しく調査しております。
楢崎智亜のコーチがイケメン?羽の背中や筋肉を作り野口啓代も担当[情熱大陸]

スポンサーリンク

トレーニングはどんなことをしてる?

楢崎智亜 トレーニング

トレーニング風景をYoutubeにアップされていました。

また、インスタでも!

この動画でトレーニングをしているのはコーチの千葉さんのようですが、こういったトレーニングを日々続けていらっしゃるんですね。

イケメンボルダリング選手に彼女は?インスタで見せた素顔

楢崎選手はイケメンボルダリング選手と話題

楢崎智亜 イケメン 彼女

楢崎選手といえば、ボルダリングの実力もさることながら、容姿端麗のイケメンさんということでも話題に。

ボルダリングで鍛えた完璧ボディにこの容姿!!

女子ファンもこれから急増すること間違いなしですね。

ちなみに、調べてみたところ彼女の存在は今のところ情報なし。

とはいえ、いるんだろうなぁ。
そりゃ、ほっとかないよねぇ(笑)

インスタで見せる素顔

楢崎さんのインスタや、コーチの千葉さんのインスタには、楢崎さんの素顔が満載


オォォオ。
楢崎さんの弟さんも、ボルダリングの選手なんですねぇ。

イケメン兄弟!

ワォ!

なんて綺麗な景色♪
楢崎さんも、岩をよじ登るんですね!

スポーツクライミングだけじゃなく、ガチクライミングも凄そう!

トレーニングしゅーりょー。 カツ食って勝つぞー。 byともあ。

千葉 啓史さん(@chibatore)がシェアした投稿 –

こちらは千葉コーチのインスタから、楢崎選手や野口選手とのオフショット。
かなりコーチと仲がいいんですね。

この柔軟性!
どないなっとんねん!!

へばる智亜くん(爆)

目の前で金メダルを取ってくれました!! 幸せな出来事でした。

千葉 啓史さん(@chibatore)がシェアした投稿 –

世界大会で金メダルを取った時ですね。
うん、いい表情!

世界選手権観戦中

千葉 啓史さん(@chibatore)がシェアした投稿 –

世界大会観戦中の写真らしいが、なぜこの表情(笑)

なんとも、魅力的な素の写真たちでした!

楢崎智亜くんの弟って?こちらもイケメンボルダリング選手でした!

楢崎智亜 弟 楢崎明智

楢崎選手の弟さん・楢崎明智(ならさきめいち)さんも、実はボルダリング選手。
(写真右側)

【プロフィール】
楢崎明智(ならさきめいち)
・フリークライマー
・1999年栃木県宇都宮市生まれ。
【主な戦績】
■国内
2016年5月:全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会(倉吉)… 3位
2016年3月:全日本クライミングユース選手権リード競技大会(印西) …優勝
2016年3月:THE NORTH FACE CUP (ノースフェイスカップ)division1…優勝
2015年5月:全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会(倉吉)…3位
2015年3月:クライミング・日本ユース選手権(印西)、リード… 2位
2014年8月:第17回JOCジュニアオリンピックカップ大会(南砺)リード…優勝
2013年8月:第16回JOCジュニアオリンピックカップ大会(南砺)リード…3位
2012年8月:第15回JOCジュニアオリンピックカップ大会(南砺)リード…優勝
2012年3月:JFAユース選手権2012(印西)リード…2位
■国際
2016年11月:IFSC 世界ユース選手権 広州 リード…6位
2016年7月:IFSC クライミング・ワールドカップ (L) ブリアンソン …10位
2013年12月:IFSC アジアユース選手権 スラバヤ・インドネシア リード。…2位

ー引用:asobist.comより

こちらも、すごい戦績ですね!!

明智選手も、オリンピック候補生なんですよ。
お兄さんの勧めで始めたクライミングですが、メキメキと実力をつけているとのこと。

兄弟で、ワンツーフィニッシュも夢じゃない?!

スポーツクライミングのルール

スポーツクライミング ルール

国際スポーツクライミング連盟が定めた「スポーツクライミング」の競技大会で行われる種目は、「リード」「ボルダリング」「スピード」の3つ。

それぞれにルールや使う道具が設定されており、特徴が異なるんだとか。

選手はどの競技にもエントリーすることもあれば、ボルダリングやリードのみに特化した選手もいるんだそうです。

【リード】登る高度を競う
命綱であるロープとハーネスで自分を繋ぎ、安全確保された競技者が、高さ12m以上の壁で、最長60手程度のコースを、どこまで登ることが出来るかを競うのがリードクライミングです。

【ボルダリング】登りきった回数を競う
壁にあらかじめ定められたスタートからトップまでのコースを、各コースごとに定められた制限時間内に何コース(課題)登れたかを競う競技がボルダリングです。

【スピード】登るタイムを競う
読んで字のごとく、ゴールまで登り切るタイムアタックで競うのがスピードクライミングです。
高さ10m〜15mの同一条件の壁を二人ずつ2コースで登り、トップにあるスイッチを押した時点でのタイムを競います。

ー引用:au CLIMBING CHALLENGE公式ホームページより

楢崎選手は、戦績から見るにリードボルダリングをやっているようです。

どちらも優勝と好成績を残しているので、オリンピックでも期待が高まりますね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今まで知らなかったボルダリングの世界で、日本人である楢崎選手が大活躍!
しかも、イケメン!!(笑)

素の表情は年相応の可愛らしさも残っていて、余計に好印象!!!

これは、応援したくなりますよね♪

2020年の東京オリンピックに、また楽しみが増えました!

私も、立甲できるよに肩甲骨のストレッチでもしようかしら(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です