平井堅がライブで語った悲しい出来事をノンフィクション歌詞から予想!

この記事は5分で読めます

こんにちは、connectommy(コネクトミー)ことコネとみです。

2017年4月に行われた、平井堅のライブ。
最高のライブの時間でしたが、そこで語られた悲しい出来事というワードにファンからも心配の声が。

その思いをノンフィクションに込めているということで、歌詞からどんなことがあったのかを予想してみました。

日本国内はもちろん世界中の音楽・スポーツイベントのチケットがviagogoで手に入る!

平井堅が武道館ライブで語った悲しい出来事とは

武道館ライブレポをチェック

平井堅 武道館 ライブ レポ

筆者、武道館ライブに参戦してきました!
超絶感動の2時間!

笑いあり・涙ありの最高の時間でございました。

平井堅の武道館ライブでノンフィクション初披露キター!ネタバレセトリ&衣装

そんな中、アンコールで歌ったノンフィクション。
歌う前に語った

悲しい出来事

が、ファンの中でも噂になっているんです。

ファンに動揺を与えた悲しい出来事発言

平井堅 悲しい出来事

ライブレポにも書いたのですが、ファンからも心配の声が続出している【悲しい出来事】発言。

武道館ライブで初披露となった【ノンフィクション】を歌う前に、その曲に込めた思いを平井堅さんが語ってくれたのですが。

ドラマの楽曲提供が決まった時、ちょうど平井堅さん自身にとても悲しい出来事があったんだとか。

完全に立ち直ったわけでは無いと語る平井堅さんは、どこかやつれているような、今にも泣き出しそうな表情をされておりました。

「僕はあまり強く無いので。たまに、生きること自体のボタンをオフにしてしまいたい時もあるんです。もちろん、実際にはしませんけど。」

と、かなり心配になる発言を。

一体、何があったのでしょうか?

まずはノンフィクションの歌詞とドラマのあらすじをチェック

ノンフィクションの歌詞

平井堅 ノンフィクション 歌詞

まだ公式発表されていないので、動画にてご紹介!
音も合わせてどうぞ。

ウゥゥゥ。
ライブを思い出して、泣けてくる(号泣)

ドラマ【小さな巨人】のあらすじ

小さな巨人 あらすじ

警視庁本庁VS所轄

警視庁ノンキャリ最高峰・捜査一課長を目指していたエリート刑事が味わった挫折。

「警察」という名の巨大組織の中でもがき、奮闘する男たちの戦いを描くエンターテインメント

大人社会での駆け引き、出世争いの中で信じられるのは己の信じる正義

ー引用:小さな巨人公式ホームページより

大ヒットドラマ【半沢直樹】に近い感じのドラマですね。

上司役が香川照之さんっていうのも、あるのかもしれませんが(苦笑)

歌詞から予想される悲しい出来事とは

平井堅 ノンフィクション 悲しい出来事

ドラマの内容にも沿っている感じがする歌詞。

日常の不条理に苦しむ姿や、それを理由に人生を終わらせてしまいたいと思ってしまう姿が前半で語られています。

途中から視点は代わり、そんな人を側で見守りながら、どんな姿でもいいから本当の部分を教えてくれと願う言葉に変化。

心が弱ってしまった人が唯一信頼できる「あなた」にただ逢いたいと叫んでいる。

苦しみに気づいてあげられず助けることができなかった「あなた」にただ逢いたいと叫んでいる。

どちらとも取れるような、サビの部分。

そんな情景が読んで取れます。

ライブでは

今年、僕のプライベートで悲しい出来事があって、その気持ちを曲にしました。
命について歌ったものです。
幸せ、不幸せのカテゴライズは難しいけれど、そのボーダーラインで、死ではなく、生を見つめて書いた曲です。

とのコメントも。

もしかしたら、平井堅さんの身近な人にそういった出来事があったのかもしれません。

側にいたのに近しい人が辛い状況にいたことに気づいてあげられないことって、かなりしんどいことなんですよね。

気づいたとしても、どういう言葉をかけてあげればいいのかわからず、自分の無力さを知ったりとか。

筆者も、自らの経験と重ねてしまって改めて胸が締め付けられるような思いになっています。

その世界観をより表現したようなMVが公開されました。

平井堅のノンフィクションMVで注目の工藤丈輝とは?鳥肌立つほどかっこいい

工藤丈輝さんの舞踏は、本当に切なく足掻いている姿に見えて涙が流れそうになってしまいました。

歌詞に乗せられた平井堅さんの思いを考えると、どうしても感情が高ぶってしまいますね。

決して悲しい曲ではなく、そんな風に苦しんでいる人への【生きるための優しい応援ソング】としてこの曲を送り出してくれたんだと思います。

少しやつれてしまった平井堅さんが心配ですが、すでにライブもちらほら決定してきています。
おそらく、年末にはKen’s Barもやりますしね。
(ライブ予定やKen’s Barのチケットに関しての記事はこちら)

平井堅のケンズバーはチケット取れない?2017年のライブ予定と曲予想

今は少しでも休んで、早く元気なケンケンに戻ってくれることを願っています!




[追記]2017年6月2日のMステで真相が明らかに

2017年6月2日のミュージックステーションに平井堅さんが出演されました。
同番組では、ノンフィクションを披露。

そして、平井堅さんご自身の口から、この曲に対する思いを語ってくれました。

その内容は、

平井さんの友人は、ご自身の意思でこの世を旅立たれてということ。

ある程度予測していた内容ではありましたが、やはりご本人の口から聞くとショックが大きいですね。

改めて、そんな気持ちを汲み取りながら聞くと、とても切なく愛に溢れた曲だということがわかります。

テレビに映るけんけんが、ライブの時よりも少し表情が回復していたのが唯一の救いです。

(ライブのときは、本当に憔悴しきった顔をしていたので)

[追記] 平井堅さんのケンズバー2017開催が決定!

ノンフィクションを歌う可能性が高いこのライブに関する記事はこちらから。
↓↓↓
ケンズバー2017(横浜アリーナ)テーブル席は近い?セットリストや座席まとめ

[追記]平井堅さんがビルボードライブでのコンサート決定!ノンフィクションは歌う?

2017年9月。

平井堅さんがあのビルボードライブ東京でのライブ開催を決定されました!

限定100名の少人数ライブ。
まるでKen’s Barじゃないですか!

ノンフィクションが収録されたベストアルバム『歌バカ2』の発売から二ヶ月後のライブ。

となると、確実にノンフィクションを歌ってくれることが期待されます。

実際に生で聞いた筆者としては、胸が締め付けられるようなあの切ない歌声を聴きたいような聴きたくないような・・・いや、やっぱり聴きたい!

この歌の本当の感情は、やっぱり平井堅さんの生歌で感じてもらいたいのです。

きっとこの大きな事件に対して、解決と言うのは難しいとは思いますが、歌を通していろんな人にケンケンの思いを伝えてくれると思います。

ビルボードライブや歌バカ2についてはこちらの記事にまとめていますので、ぜひご覧くださいませ。
↓↓↓
平井堅のベストアルバム発売から予測されるビルボードライブのセトリとは?

まとめ

息苦しくなるようなことが多い世の中。

だからこそ、みんなにもある本当に叫び出したくなるように苦しい時、たった一人でいいからそんな思いを聞いてほしいと思って、この曲を書いたとのこと。

この曲を聞いて、悩んでいる人がちょっとでも心の叫びを誰かに伝えてくれたらいいなと思ってしまいます。

日常の1ページを歌詞に乗せて伝えてくれる平井堅さん。

明るい曲を聞いて元気になれる時もありますが、心が疲れてしまっている時、ノンフィクションのような曲を聞くと、わかってくれる人がいると勇気付けられます。

音楽の力は偉大だ!

悲しい出来事がどんなものかは計り知れないですが、平井堅さんにも早く元気になってほしいと願うばかりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

by コネとみ

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です