節分豆まきの勘違いしやすいやり方やルール!何歳まで食べるのかや豆レシピも

スポンサーリンク

パパママ必見!節分豆まきの勘違いしやすいやり方やルール!何歳まで食べるのかや豆レシピも
節分 豆まき ルール やり方 レシピ 大豆

節分という行事は、

かなりの歴史があるものですよね。

 

当たり前のように幼少期には

鬼はー外ぉー
福はーうちぃー

と豆を投げてきましたが、

実はあなたの常識が間違っているということも。

 

筆者も自信満々に思っていたことが違っていたんです。

 

親になると子供には正しい情報を伝えないといけませんよね。

 

そもそも、どうして豆まきなのでしょう?

 

知っているようで知らないことも多い、

節分には
どのような由来があるのかを詳しく調べてみました。

 

今回ご紹介するのは、周りや子供たちに教えたくなる”豆知識”ばかり。

ぜひチェックして

『おぉー!!!』

と言われてたい(笑)

 

そんな時に、改めて。

今思っている”節分の常識”を振り返ってみてください。

 

今回は筆者も目から鱗だった驚きの事実と、

大豆いらないーとなった時の簡単アレンジレシピもご紹介しております。

ぜひ最後までお楽しみくださいませ。

スポンサーリンク

意外と知らない節分に豆まきをする由来!大豆を使うのはちゃんと理由があった

節分といえば豆まき。

もともと節分という言葉は「季節を分ける」という意味があります。

 

「立春、立夏、立秋、立冬」の4つの時期が

季節の変わり目。

節分とは、

これらの季節の変わり目の日とその前日を指す言葉

だったんです。

 

中でも立春は一年の始まりとして

特に重要な日と考えられています。

 

今では節分というと、立春の前日を指す言葉となりました。

 

季節の変わり目でもあり、一年の始まりでもある節分。

昔から年の変わるときには鬼が出て悪さをすると考えられ、

その鬼を退治するのに活躍するのが大豆。

 

なぜ大豆なのかというと

・大豆やお米には特別な力があると信じられていたから

・【魔(鬼)の目⇒魔目⇒まめ】と【まめ⇒魔滅⇒魔を滅する】に、
通じると考えらるようになった

など諸説あるようです。

 

豆まきに使用する大豆は必ず炒ったものを利用します。

豆(魔目)を炒る(射る)という語呂合わせにもなっていますね。

 

当たり前に大豆を投げてきましたが、

ここまでの内容も初耳の人がいるかもしれません。

 

さらに豆まきといえば、

「年の数だけ豆を食べる」というのも有名ですよね。

でも実は「年の数だけ」というのは勘違いだってご存知でした?

次の章ではそんな”豆知識”をご紹介します。

豆まきの豆も歳の数だけ食べるは勘違い

豆まきの後のお楽しみといえば、豆を食べることですよね。

 

節分の豆は福豆と呼ばれ、

この豆を食べることで身体に福を取り入れる意味があります。

 

福豆は年の数に一つ足した数を食べると良いとされています。

一つ足す意味は、来年も健康に過ごせるように、

ということだそう。

もしかしたら、このルールも曖昧な人がいるかもしれませんね。

 

正しい豆の数がわかったところで、

最近筆者が思うこと。

 

年齢を重ねるにつれて

「おいおい、いつまで食べ続けるんだよ!」

と突っ込みたくなっています笑)

 

ということで、次の”豆知識”は、

いつまで豆を食べ続けるのか問題をご紹介します。

豆まきの豆は何才まで食べ続けるか問題の結論

子供のうちは、

豆の数も多くはないのでパクパク食べて楽しめますね。

 

しかし、年々数か増えていく福豆。

全部食べ切るのは大変です。

 

筆者はそこまで大豆が得意ではないので、

20歳を超えてきたあたりからきつくなってきました。

 

同じように感じている方も多いのではないでしょうか?

 

こねとみ
これって・・・このまま食べ続けるのかしら・・・

若干の不安(苦笑)

 

いくつまで食べ続けるのかについて調べてみましたが、

何才までという正しい記述はありませんでした。

つまり、何才まででもやるなら食べなさいということです(笑)

 

逆に「何才から食べていいか」に関してはある程度明確なようです。

節分の豆を喉に詰まらせるなどのケースが多少あるんだとか。

 

豆自体が硬いわりにツルツルしてるので、

そのまま喉にスルッと入ってしまって病院へ!

なんてことも。

 

大豆に限らず豆類は、

歯が生えてくる3才までは食べさせないほうがいいようです。

 

子供が中心のイベントではありますが、

ここは注意しておきたいですね。

ママさんパパさん必見です。

 

この年齢を超えて、子供たちと節分♪

と浮き足立ったとしても、やっぱり気になる食べる豆の量(笑)

 

年の数+1だけ食べなきゃいけない大豆。

でも、正直そんなに食べれないというのも本音ですよね(笑)

ということで次の章では、

体にもいい大豆を美味しく年の数だけ食べれるレシピをご紹介します。

大豆をたくさん美味しく食べれらる超絶簡単レシピ

いつまでも食べ続けると思うとちょっと辛い感じはしますが、

子供と一緒にイベントを楽しむならルールに乗っ取りたいところ。

 

そこで効率よく福豆を食べるレシピをご紹介します。

 

筆者が超絶簡単でオススメしたいレシピはこちら。

 

【福茶】

年の数の大豆3粒、梅干し、塩昆布に熱いお茶をかけて飲みます。

大豆はよく炒ったものの方が風味がアップして美味しいですよ。

 

数粒の豆を食べる横で、

優雅に大豆ティーです(笑)

 

豆まきの側からアレンジできるのが嬉しいレシピですね。

料理を作るレシピと比べて、

その場ですぐにできるのが魅力的ですよね。

 

女性だけの話になりますが、

大豆のイソフラボンは女性ホルモンと同じ要素と言われています。

 

こんな機会でないとなかなか大量に取り入れることもないので、

ぜひ率先して摂取してください。

 

ママさん。

女度アップしますよ!!!

 

それに縁起物ですから、

できるだけ長く節分の風習を取り入れていきたいですね。

 

 

息子
ママーなんで食べないの???

なんて疑問を持つ時間も持たせません(笑)

 

すぐに取り入れられる方法なので、

ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

節分豆まきの豆知識まとめ
1.節分は季節の変わり目に邪気を払うための行事
2.年の数だけ豆を食べてたら大恥か来ますよ
3.豆は3歳からエンドレスで食べ続ける
4.簡単レシピを使えば三十路過ぎても大豆が苦にならない

あまりに当たり前にあった”節分”という行事。

 

最近ではコンビニで売られる恵方巻きも

かなり問題になっているイベントでもありますが。

 

どうせ楽しむのならば

いろんなことを知っておくのはお得です♪

 

周りの大人からも尊敬されますし、

何より子供達が大喜び!

 

ここで普段の名誉挽回なんてこともあり得ますね。

 

あまり知られていない節分ルールを抑えておくのは

筆者としてもオススメですよ。

早速、私も会社のメンバーに自慢したいと思います(笑)

↑自慢したいだけ?(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

by こねとみ

 

↓あまり知られてない豆まき免除の苗字に関してはこちらから

節分豆まきで渡辺&坂田名字が免除になる豆知識!面白節分グッズも紹介

2018.01.26

スポンサーリンク

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です