隅田川花火大会は大雨で中止か?速報に変更はないか本部に電話で確認してみた!

この記事は5分で読めます

こんにちは、connectommy(コネクトミー)ことコネとみです。

待ちに待っていた隅田川花火大会!

浴衣を用意してーお出かけ準備してー

とウキウキしていたら、突然の雨が!

これは・・・まさかの中止か?!

公式サイトも混戦してサーバーダウンする中、直接電話で問い合わせてみました。

隅田川花火大会2017の開催速報が公式サイトで発表

隅田川花火大会 中止

天気予報ですでに悪天候になることがわかっていた本日。

予定していたみんなとしては、本当にやるかどうかというのが問題なわけです。

調査して見ると、公式ホームページで下記のような掲載が。

隅田川花火大会 2017 開催
ー引用:隅田川花火大会公式ホームページより

これは一安心♪

しかし・・・窓の外ではザーザーの雨が降り続き。

雨あしは弱まるどころか強くなっているんですけど(爆)

こんなんじゃ、花火も湿気ってしまうし開催難しいんじゃないかしら?

ということで、気になった筆者は直接電話して見ることにしました。

隅田川花火大会の本部が混戦!なんとか繋がって中止について聞いてみた

サイトも混線でなかなか繋がらない状況。

これは直接聞くしかあるまい!

ということで、本部に電話してみました。

・・・こちらも、混線(苦笑)

電話をかけ続けること数十分。
やっと繋がりました!

担当者
大変お待たせしました。台東区役所でございます。
コネとみ
すみません。今日開催予定の隅田川花火大会って、本当にやるんですか?
担当者
現時点(7月29日18時現在)では、開催が決定しております。
コネとみ
結構、雨あしが強くなっている感じがするんですけど。直前で中止になったりすることもあるんですよね?最終決定は何時くらいに決まるんでしょうか?
担当者
そうですね。台風並みの豪雨・強風の場合は、止むを得ず中止をする可能性はございます。現段階で決定しているのは、小雨の場合は決行するということですね。最終決定の時間というのも、ご案内が難しいというところです。
コネとみ
なるほど・・・チャレンジするしかないということですね(苦笑)
担当者
中止の場合は、すぐに公式サイトで発表をさせていただきます。ご来場の際は、お気をつけてお越しくださいませ。
コネとみ
わかりました。頑張ります(苦笑)

との返答でございました。

中止の発表は公式サイトでと言われても、そのサイトがかなり混線していて見れない状況なんですけどね(苦笑)

とりあえず、小雨になって止んでくれることを願いつつ向かうしかないようです。




[追記]大雨の中開催を決意する運営側!しかし・・・花火が見えない恐れがあるぞ!

ギリギリにやっと雨あしが落ち着いてきました。
この感じだと、開催しそうな予感ですね。

18時55分の段階で公式ホームページに行ってみたところ。

隅田川花火大会 2017 開催

やはり決意は変わらず決行するようです。

しかし・・・こうなると問題は本当に花火が見えるかどうか。

開催をお知らせするテスト砲を撮影したツイートがありました。

ほぼ煙やないかい(爆)

こんな状態で決行するのは、本当に正解かどうか・・・筆者にはよくわかりません(苦笑)

生中継では結構綺麗に見えているようですが、現場では肉眼で見ることができているんですかね?

みている人は傘をさしながら。

逆の考え方をすれば、人混みを回避できるからゆったりと見えているかもしれませんね。

やはり、会場に行く人も少ないようです。

これならば順延にした方が、運営側の収益も増えるような気がするんですけどね。
あと一時間遅くに開催すれば、もっと違ったのかもしれませんけども。

花火師さん、運営スタッフのみなさま、そして会場にいるみなさま。

風邪引かないように頑張ってください!!!

[追記]天気予報士の森田さんが隅田川花火大会運営に物申す!

ザーザーの雨の中の決行に、人もまばらな隅田川花火大会。

楽しみにしていただけに非常に残念ですが、その気持ちを代弁するようなツイートが。

天気予報士の森田さん。

確かに、森田さんがおっしゃる通り、大きな花火大会の運営には天気予報士を必ずつけるくらいの準備が必要かもしれませんね。

ちなみに、このツイートで森田さんが使っていたアプリに関してはこちらの記事で調査しています。
↓↓↓
花火大会でチェックしたい森田さん愛用お天気アプリ!雨の日の浴衣アイテムも

中途半端に開催すれば、それだけ収益も減りますし、怪我などの恐れも増えます。

時として、勇気ある中止の決断も必要かもしれません。

天気予報士の人がいたら、事前に回避できるかはわかりませんし、かなりの経費がかかっているので簡単に中止や延期ができないのもあるんでしょうけどね。

[追記]豪雨でも決行する理由は何?隅田川花火大会にかける人とお金の話

花火大会 延期 資金 人

こんなに雨でもギリギリになっても、花火大会を中止にしないのはどうしてなんでしょうか?
改めて調査してみると、予想以上のことに。

まずは人の話。
隅田川花火大会は2万2千発も上がる、大きな花火大会。

花火師さんが花火を作るのに要する時間は、大きさによっても様々ですが一か月から数か月。
たったひとつの花火を作るのに、これだけの時間がかかるわけです。

さらに、会場の設営に取り組む人も多く何か月も前から準備を進めています。
そう簡単には中止にはできません。

だから、隅田川花火大会は中止ではなく延期を選ぶんですね。

しかし、延期自体もかなりダメージがが大きいようで。

まず、花火大会の予算はおいくら?

東京都台東区や墨田区などの行政機関、地元の町内会の関係者らで構成される隅田川花火大会実行委員会事務局への取材では、12年度の予算は約1億5000万円と報じられています。

予算の内訳は

・花火の打ち上げ費用:約7000万円
・警備費用:約3000万円
・救護所のテントや仮設トイレの設置費用:約3000万円

花火はなんとか守れたとしても、会場設営は事前準備が必要になります。
つまり、ギリギリで延期になってしまったら6000万円は水の泡。

もちろん延期日にも必要になるのでそれだけ多額の費用が必要になってしまうんです。

それ以外にも、隅田川花火大会レベルになれば遠方から見に来る人もいるわけです。
ホテルを当日までしか取っていなかった!なんてこともザラにあるわけで・・・

雨が降ったー!よっしゃ、中止だ!延期だ!!

というわけにはいけないわけですね。

大人の事情と一言にまとめられないほど、多くの人や多くの資金がかかっている花火大会。

開催側も観客も、お天気になることを願うばかりですね。

4年前にもゲリラ豪雨で開始直後に中止になっていた

隅田川花火大会 雨 中止

実は、隅田川花火大会、以前にも一回だけ雨によって中止になったことがありました。

バケツの水かぶり。

浴衣を着ていた人なんかは、悲惨だったでしょうね。

ゲリラ豪雨は予想ができないぶん、不運としか言いようがありません。
それまでの歴史の中で中止がなかっただけに、非常に残念な結果。

もし雨が止んで再開することになったとしても、足元はぐちゃぐちゃなので悲惨さは変わらないわけですけども(苦笑)

隅田川花火大会の延期日の天気予報は?

隅田川花火大会 順延 天気

もしも、今日の花火大会が中止になった場合は、順延に。

順延の日程は、2017年7月30日
つまり明日ですね。

ちなみに明日の天気予報は・・・

隅田川花火大会 順延 天気予報

曇り。

小雨で足元ぐちゃぐちゃの中開催されるよりも、曇り空の中でみた方が筆者的には嬉しいのですが・・・

大人の事情でギリギリまでは粘るんでしょうな(苦笑)

これから開催の花火大会!雨の日でも浴衣を楽しみたい人の必須アイテム

浴衣 雨の日

隅田川花火大会という大きな花火大会が雨による中止の危機に追い込まれているわけですが・・・。

夏場は突然の雨に見舞われることも多いです。
お天気が変わりやすいですからね。

でも、せっかくの花火大会だから浴衣で行きたい!

そんな女性も多いのではないでしょうか?

雨でも浴衣を楽しむためのポイントは、

・カッパを持参
・濡れた体を冷やさないために厚手のタオルを用意
・着付けの段階で裾は高めに!
・滑らないようになるべく小股で歩く

などなど。

そして、最近では雨の日用のカバーがついた草履も販売されています!
下記のリンクをクリックすれば購入サイトを開くことができますよ♪
↓↓↓

裏にはゴムの滑り止めもついてますし、雪国の女性も愛用する優れもの。

カバーは透明なので、見た目的にも気になりません。

足元が冷えてしまうと風邪の原因にもなりますし、一足持っておくと便利そうですね。

まとめ

ギリギリまで開催するかいなかがわからない状況。

打ち上げまで一時間を切りましたので、行く予定の人はすでに会場に向かっているかもしれませんね。

続報が入り次第追記したいと思いますが、向かう時はお足元にお気をつけて、怪我などされませんようにご注意くださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

by コネとみ

おすすめ関連コンテンツ



2 件のコメント

  • いろいろな資金調達や調整があって開催されてるのだから、大人の事情と一括りに言われるのはかわいそうかな。
    花火なんて大半の人は無料で見てるわけだし。

    • きんぽ様、コメントありがとうございます!

      確かに、開催までには多くの人がものすごい時間をかけて努力してくれているわけですもんね。
      言葉が少し足りなかったかもしれません。

      猛省して、くわしく追記したいと思います!

      今回の花火も大きな事故にならなくて良かったです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です