中尾有沙(車椅子陸上競技)の性格がすごい!両親や事故前の成績も調査

スポンサーリンク

この記事は5分で読めます

こんにちは、connectommy(コネクトミー)ことコネとみです。

2020年の東京オリンピックに向けて、様々な選手が注目されています。
しかし、みなさん忘れてはいませんか?

パラリンピックのことを!

オリンピックに比べて若干注目度が低いパラリンピックですが、日本には世界を相手にしても引けを取らない強い選手がいるのです。

そんな中でも、注目されているのが車椅子陸上競技に挑戦している中尾有沙さん。

不運な事故によって下半身不随になってしまった中尾さんですが、事故後も果敢にチャレンジしているのです。

今回は、筆者も心を打たれた中尾有沙さんの性格や戦績について調べてみました。

中尾有沙の事故とは?車椅子陸上競技や事故前の成績も

中尾有沙さんのプロフィール

中尾有沙 プロフィール

名前:中尾 有沙
読み方:なかお ありさ
出身:熊本県南阿蘇村
生年月日:1987年or1988年
所属:2014年~ 株式会社祐和會 入社 
指導:
レイクサイドクラブインストラクター
あそりく指導者
ゆ~かむインストラクター

事故前の成績がすごすぎる!

中尾有沙 事故前 成績

現在は、車椅子陸上競技に転身した中尾さん。
もともと、陸上競技・三段跳びの選手でした。

学生時代から好成績を残していた中尾さん。
その輝かしい成績に驚くばかりです。

自己ベスト:走幅跳6m04cm(熊本県記録)/三段跳13m09cm(熊本県記録)

戦績:
第99回日本陸上競技選手権大会三段跳優勝
熊本県陸上競技選手権大会 三段跳10連覇中、走幅跳9連覇

10連覇ってものすごいことですよね!

2015年の日本選手権女子三段跳びで、自己ベストを18センチも更新する見事なジャンプを見せて初優勝。

今後の活躍を期待される女子選手だったのです。

中尾有沙さんを襲った事故とは

中尾有沙 事故

自己ベストを叩き出し、見事初優勝を決めた半年後。

下半身強化のため、150kgのバーベルを肩に担いでスクワットをしている時にバランスを崩した中尾さんは脊髄に致命的な損傷をおってしまいました。

ご本人いはく『パキパキパキ』という音がしたんだとか。

病院に運ばれたものの、手術をする前から足が動かない状態であることを告げられたそうです。

強くなるためにしていたトレーニングが、まさかこんな結末になるなんて。

誰が悪い訳でもない、本当に不運な事故だったのだと思います。

不運の事故を乗り越えた中尾有沙の前向きな性格に感動

中尾有沙 性格

陸上で好成績を残し、キラキラした未来に向かっていた中尾さん。

事故の時はショックだっただろうと容易に想像できます。
しかし、彼女は医師からの説明も淡々と聞き入れ、現実を受け止めたんだとか。

本当に前向きで、今できることをするというまっすぐな性格。
笑顔が絶えない明るい方なのです。

さらに、競技選手である上では必要不可欠な負けず嫌いの一面も。

そんな彼女の性格がわかる動画があったのでご紹介します。

話し方もおっとりとして、ずっとニコニコ。

しかも、この番組が事故からまだまもない頃ということに驚きを隠せません。

そのメンタルの強さが、彼女をトップアスリートにしたのかもしれませんね。

中尾有沙の陸上人生は両親の影響?

中尾有沙 両親

中尾さんがここまで陸上に魅了されているのは、少なからずご両親の影響があるようです。

お父様もお母様も、もともとは陸上選手。

きっと、幼少期から陸上競技に触れる機会があったのだと思います。

事故の時、中尾さんの前向きさに支えられたというご両親。

今は、車椅子競技に打ち込む娘さんを最大限でサポートしてくれているようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

パラリンピックへ大きな一歩!車椅子陸上でも好成績を叩き出す!

中尾有沙 パラリンピック 車椅子陸上競技

障害者陸上の日本パラ陸上選手権が2017年6月11日、東京・駒沢陸上競技場で開催されました。

中尾有沙さんも女子100メートルでエントリー。

まだ車椅子陸上競技を開始してそんなに時間が経っていないというのに、20秒80で2位になったのです!

動画にもあったように、負けず嫌いから努力を惜しまない性格が功を奏したんでしょうね。

「(健常者陸上では)かなえられなかった日本代表になりたい」

と夢を語る中尾さん。

筆者も、中尾さんがパラリンピック日本代表として笑顔で出場してくれるのを願ってやみません!

まとめ

筆者自身、あまり見ることがなかったパラリンピック競技。
障害という壁がありながらも、みなさん前向きにその競技に取り組んでいます。

パラリンピックには、たくさんの競技があります。

これを機に、パラリンピックでも日本を応援したいと思います!

パラリンピックの支援にもなる『スペシャルオリンピック日本』のことも、少しでも多くの人たちに知ってもらいたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

by コネとみ

スポンサーリンク

おすすめ関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です